FXの仕組み|証拠金取引とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
b6cdab9119dcf12a603df0a729625622_s

これからFXを始めようと思っている人に、まずお願いしたいことは、
FXの仕組み」、「FXのリスク」を正しく理解することです。
近年、FXは副収入の一つとして人気がありますが、未だに日本ではギャンブルや博打のようなものだと考えている人が多くいます。そして、そのように考えている人がFXで大儲けを狙って資金をつぎ込み、結果的に大損することで、さらにFXがギャンブルだと考えられてしまうのです。
そこで、こちらの記事ではFX初心者の方に、FXの仕組み、FXのリスク、安全にFXで稼ぐための方法についてお伝えしていきます。
 
 

FXをするために必要なもの

はじめに、最近FXといえば、「外国為替証拠金取引」のことを指す場合が多くなりましたが、本来FXとは日本語で「外国為替取引」という意味です。
簡単に言えば、2つの通貨を“両替”するための売買取引のことですが、この取引をするために必要なものが「証拠金」であり、この証拠金を利用したものが、「外国為替証拠金取引」なのです。
 

 

証拠金とは?

FXは外国為替証拠金取引という名称の通り、証拠金によって外国為替を売買取引することができる仕組みですが、そもそもFXを行うためには、証券会社やFX取引会社に取引口座を開設する必要があります。そして、開設した口座でFXを行うために担保として預けるお金が証拠金です。
この証拠金を口座に預けることで、実際の資金より大きな金額を取引することができるようになります。また、口座に預けた証拠金は、すべてを1回の取引に利用する必要はなく、自分のトレードスキルや相場状況に応じて、使う証拠金の金額を調整することができます。

 

FX証拠金取引

FXをするうえで理解しておくべきことは、FXは「外国為替証拠金取引」という名称の通り、証拠金取引の一つであるということです。前述のように、証拠金取引というのは、証券会社やFX取引会社の口座に預けた証拠金を担保に、証拠金の数場から数十倍もの資金を使って取引ができる仕組みです。
例えば、証拠金が10万円あるとすると、5倍の50万円、10倍の100万円分の金額で取引をすることができることになります。このように、実際の資金よりも大きな資金で取引ができることを「レバレッジ」といいます。詳しくは、次項以降で説明しますが、このレバレッジがFXの最大の特徴であり、メリットでもあります。

 

証拠金の種類

実は、一口に証拠金と言っても、いくつか種類があります。
ここでは、FX取引をするうえで知っておくべき2つの証拠金について紹介します。
 

必要証拠金
ポジションを取るために最低限必要となる証拠金のことです。
必要証拠金は、通貨ペアのレート、取引量、証拠金率(レバレッジ)によって決まります。
例えば、通貨ペアを米ドル円とし、1ドル=100円の時に1万通貨(ドル)を証拠金率4%で取引をする際の必要証拠金は、1万通貨×100円×4%=40,000円となります。
ここでの注意ポイントとしては、為替レートは常に変動するため、それに伴い必要証拠金の金額も変動するということです。例えば、先ほどと同じ取引を、1ドル=115円で行った場合の必要証拠金は、1万通貨×115円×4%=46,000円となります。

有効証拠金
取引口座に預け入れている証拠金から、未決済で保有しているポジションの損益(含み益、含み損)を加減して残った資金を有効証拠金といい、今決済したときに取引口座に残っている証拠金の残高を意味しています。この有効証拠金から運用中の必要証拠金を差し引いた額が、新規注文を出す際に充当できる証拠金額となり、余剰証拠金という場合があります。

※各証拠金の名称は取引会社によって異なる場合があります。
 
 

証拠金取引の特徴

証拠金取引のメリット

ここまでの説明から、FXとは証拠金取引という仕組みを活用した金融商品の一つだということはお分かりいただけたと思います。
そして、この証拠金取引の最大の特徴であり、メリットは、証拠金の何倍にも相当する金額が取引できる「レバレッジ」という効果が得られるということです。
つまり、レバレッジ効果によって、取引が成功すればその分、大きな利益を出すことができます。
そのため、投資用資金が少ない方でも始めやすい金融商品ということで、近年FXをやる人が増えてきました。

 

レバレッジの計算方法

レバレッジは、何倍の倍率を掛けて取引するかは、取引数量と証券口座に預けている資金額の関係によって決まります。以下の計算式によってレバレッジ倍率は求めることができます。


例えば、1ドル=110円のときに、10,000通貨を取引するとします。
そして、取引口座には証拠金として100,000円を預けているとします。
これを上記の計算式に当てはめてみると、
(110円×10,000通貨)÷100,000円=11倍
つまり、100,000円の証拠金で10,000ドルを、1ドル110円のときに取引したときのレバレッジは11倍となります。

他にも、1ドル=110円のときに、、10,000通貨を50,000円の証拠金で取引したときは、
(110円×10,000通貨)÷50,000円=22倍
つまり、レバレッジは22倍となります。

また、各取引会社ではレバレッジの上限が決められており、必要証拠金以下の証拠金が取引できないようになっています。
 
 

レバレッジの効果

レバレッジはハイリスク・ハイリターン?

レバレッジは倍率を高くすればするほど、当然少ない証拠金で大きな取引をすることができます。ハイレバレッジの取引で勝つと、短期間で一気に莫大な資産を築くことが可能ですが、逆に予測が外れてしまった時は、一瞬にして大損を抱えることもあります。
そのため、FX自体がハイリスク・ハイリターンの金融商品だと考えられていますが、それはレバレッジの使い方次第と言えます。

例えば、1ドル=100円、証拠金が100,000円としたとき

レバレッジ1倍 1,000ドル=100,000円相当の取引が可能
レバレッジ5倍 5,000ドル=500,000円相当の取引が可能
レバレッジ10倍 10,000ドル=1,000,000円相当の取引が可能
レバレッジ25倍 25,000ドル=2,500,000円相当の取引が可能

そして、1ドル=100円で買い、101円まで上昇したところで決済した場合

レバレッジ1倍 1,000円の利益
レバレッジ5倍 5,000円の利益
レバレッジ10倍 10,000円の利益
レバレッジ25倍 25,000円の利益

レバレッジ10倍の効果を分かりやすく説明してみましょう。

レバレッジ10倍の効果
例えば、今現在リンゴ1個の価格が1ドル=100円だとします。
ここで、あなたはリンゴの価格が今後100円から上昇すると考え、手持ち資金100,000円を担保に1,000,000円分のリンゴ、つまり10,000個のリンゴを買います。すると、しばらくしてあなたの思惑通り、リンゴの価値が101円に上がりました。
このとき、あなたは10,000個のリンゴを全て売ります。そのため、100円で買ったリンゴを101円で売ったので、1個につき1円の利益が出ました。つまり、あなたは合計10,000個のリンゴを売ったので、1円×10,000個=10,000円の利益を上げることができます。

一方、100円で買ったリンゴが99円でしか売れなかった場合、1,000,000円分のリンゴで損をした金額は10,000円ですから、9万円は残ります。
言い換えれば、一個につき1円の損失で必ず損失を確定できれば、
1万円で1,000,000円分のリンゴの損失を支払うことができ、9万円は無駄に行き来しただけとも言えます。つまり、例え手持ちの資金が1万円しかなくても、100倍のレバレッジが可能であれば同じ取引が出来たことになり、損失額は同じ1万円だということです。

 

レバレッジ規制

現在日本国内のFX会社では、個人口座で掛けることができるレバレッジは最大25倍という規制があります。
この規制ができたのは、2011年のことです。その1年前である、2010年にレバレッジは最大50倍という最初の規制が作られたのですが、それ以前は、100倍、400倍といったレバレッジを掛けた取引が可能なFX会社が存在していました。
 

25倍以上のレバレッジで取引をする方法

レバレッジ規制により、25倍というレバレッジの上限が決まっていますが、これが適応されるのは日本国内のFX会社に限ります。
もし、25倍以上のハイレバレッジを効かせたトレードをするのであれば、海外のFX会社であれば取引をすることが可能です。
ただし、入出金に時間が掛かったり、万が一の場合は証拠金が戻らなかったり、相手業者が存在する外国の法律に基づくなど、様々な困難が想定されます。そのため、海外のFX会社で取引をする際は、それなりのリスクが伴うことを理解する必要はあるかもしれません。
 
 

まとめ

FXの仕組みである、証拠金について説明していきました。
これからFXを始める人にとっては、FXが一体どのような仕組みで行われているのか、そのために必要な証拠金とは何か?ということを理解していただけたと思います。また、証拠金取引であるFXの特徴でもある、レバレッジについても解説しました。
今回は、レバレッジの仕組みや魅力についてお伝えし、レバレッジを上手に活用することで資金効率の良いトレードを実現し、少ない資金で大きな利益を上げることも可能だということを理解して頂けたかと思います。ですが、これはレバレッジの仕組みを理解し、正しく活用することが大切です。誤った方法で活用すると、ギャンブルになり、資金を無くすことになってしまいます。
ぜひ、今回ご紹介したレバレッジの知識、上手な活用法を参考にしていただき、安全に安定して利益を上げられるトレードを実現していきましょう!

【無料】現役プロトレーダーのトレード術を公開中!

FXをやってみたいけど、
何から手をつけていいかわからないあなたへ

初心者にもわかりやすいと評判の
FXをギャンブルにしない確率を使ったトレード術を学んでみませんか?



【無料】今すぐ動画を見る

\ 投資の学校プレミアムの購読はSNSが便利です。 /

コメントはこちらからどうそ

コメントを残す

*

CAPTCHA