「もう、投資なんてやめてやる」そう思っていた238人が、〇〇〇を試した結果が凄い!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
0707ikon

1「トレードが好きだけどなかなか稼げるようにならない」という状況は、トレードに興味を持つ初心者、共通の悩みです。

それなりに勉強しているのに実際にお金を投じると損をする。少し利益が取れたと思ったら、すぐさま損が利益を上回る。もう何をやっていいか分からないという方も多いでしょう。

では、いったい何をやれば投資は上手くなるのでしょうか?

『プロトレーダーの最強メンタルコントロール術』(ニコラス・グールド/著、投資の学校グループ/刊)によれば、トレードで利益を出すための鍵は「メンタル」だと明言しています。

「トレードで稼げるようになりたいけど何をしていいか分からない」という方は、すぐに利益がでる魔法のようなトレード手法を探しているうちに、迷走してしまっている可能性が高いです。しかし、多くの人がこうなってしまうのには、理由があります。ニコラス先生は、「いかにも簡単に稼げそうと錯覚させる」方法ばかり教えるネットの情報に、その原因があると指摘しています。

では、いつまで経っても安定して利益が出せるようにならない、つまり、「儲からない」人の特徴とは、どのようなものがあげられるのでしょうか。書には21項目紹介されていますが、その中から10個、ピックアップしてみます。あなたはいくつ当てはまるでしょうか?


・損をするのは手法のせいだと思っている

・損をするのは教える先生のせいだと思っている

・100%勝てる手法がどこかにあると思っている

・トレード手法をコロコロ変える

・デモ取引では利益が出るけど、番では損をする

・損失が出た原因が分からない

・投資は難しいと思い込んでいる

・いつか自然に利益が出るようになると信じている

・儲かっているプロのやり方を鵜呑みにする

・自分の性格を理解していない

2

いかがですか?たくさん当てはまってしまった人は要注意です。この『プロトレーダーの最強メンタルコントロール術』では、「やっても損をするトレードのやり方」から抜け出し、「当に上手くなるトレードの考え方」のみを提案しています。

例えば、「トレード手法ばかりを探してしまう」人は、手法に頼るよりも、「そもそも手法を使う自分の実力」に注目するようになりましょう。

プロが儲かると言っている手法は、そのプロの実力や経験があってこそ。手法だけ真似てうまく行くほど、投資の世界は甘くありません。あなたが儲かりたいと思うのであれば、まずはトレード手法よりも精度を高めることに重点を置くことが大切です。

また、「プロのやり方ばかりをネットで探している人」も「儲からない人」の共通の特徴です。それは、「プロを真似すれば上手くなる」という空想に捕われているからです。

四六時中、トレードを仕事としてトレード漬け、百戦錬磨の経験と大きな投資用資金を持ち、それにより収入を得ているプロのトレードを一般のトレーダーが真似することは難しいです。

それよりも、今の自分の段階を把握して、段階に合ったトレーニングを行うことが大切です。極端な話ですが、小学生が東大の問題を解けないのと一緒です。段階に合った練習を行うことが、上達へと繋がります。

ふつう、「自分の段階に合った練習法」を教わりません。だから「段階」と言われても、そんなものわからないと思うかもしれません。しかし、今の段階に合った練習法を実践できれば、将来どのような目標があったとしても、最も早く勝ち組トレーダーに近づくことができるはずです。その上で、書『プロトレーダーの最強メンタルコントロール術』は大いに参考になることでしょう。

実は、著者もトレードをするうえで、

・値動きが自分の思い通りいかなくて、イライラする

・何回やっても損失ばかりを繰り返す

・自分が注文をした瞬間に、価格が逆にいき損をする

・損切をした瞬間に、するすると価格が上昇して悔しい

・いつまでたっても安定して稼げるようにならない

・手法ばかりを探してしまう

といった悩みを抱えていました。

3

「稼げると思ってトレードを仕事にしたものの、自分は人より才能がないんじゃないだろうか?」「早く投資家はやめた方がいいんじゃないか?」と激しい不安と疑問の毎日を送り、プロのトレーダーをやめるかどうか、絶望にも似た感情を抱えて生きていました。

あなたも、「もうトレードなんて、やめてやる」と思うことはありませんか?いつまでたっても上手くなれないと不安になることはありませんか?

筆者は常にそういった葛藤を抱えて生きていました。

ところが、偶然にも「トレードに対する正しい取り組み方」に出会い、その練習法だけを半年間続けたのです。元から練習量は人一倍だった筆者は、数か月後には、アンダーでまわるほどの実力をつけ、プロトレーダーとして巨額な資金を運用するようになりました。

その出会いこそ、「メンタルコントロール」の正しいやり方でした。

今ではその「メンタルコントロール方法」をセミナーや講義で教えることで、成果を安定的に出しているプロトレーダーが共通して持っているメンタルコントロールを理解でき、結果として、多くの日人トレーダーが安定して儲かるようになり、プロトレーダーも多数輩出するようになりました。

まったくの初心者でも世界で活躍するプロトレーダーと同じようなメンタルコントロールのやり方を身につけることで、次第に安定して利益が生み出せるようになる。そして、その方法は、間違いなく存在するのです。

4

こんなことを言うと、「またまたそんな大袈裟な・・・」とあなたは思うことでしょう。そう思うのも仕方ありません。

なぜなら、あなたは「トレードは難しいもの」という概念に縛りつけられ、一切の可能性を否定する考え方を植え付けられてしまっているからです。

さらに、トレードで一番大切なことは「手法である」と思い込んでもいるかもしれません。ですが、あなたのその反応はいたって正常なのです。

しかしながら、「プロトレーダーのメンタルコントロール」を学ぶことで、あなたが信じられないような安定した利益を、事実として多くの方が手にしています。これまでのモヤモヤしていた日々が嘘のように、ストレスまでもコントロールでき、安心してエントリーをし、エグジットができるようにもなります。

また、ポジションを持った後にも右往左往しないようになり、トレードの成績が安定してきます。もはやトレードをやっていて、この「考え方」を知らないというのは、もったいない以外の言葉が見つからない方法なのです。

そのすべてのきっかけが「プロトレーダーのメンタルコントロール方法を垣間見た」ことによります。もしかしたら、あなたも続ければ続けるほど損失が大きくなっていくトレードのやり方を続けてしまっているかもしれません。

あなたが今のトレードスタイルに自信がないなら、これから紹介する「考え方」でトレードに取り組んでみて下さい。

まずは、こちらをご覧ください。
・エントリー(注文)
・ポジションを保有
・エグジット(決済)

上記の3つは、プロでもアマチュアでも関係なく、トレードをする人であれば必ず避けては通れない3つの状況です。原則、この流れに沿ってトレードは行われるわけですが、「儲かるか、損をするか」の差がどこにでるかを考えてみてください。

エントリーは・・・
「ある価格」で注文をすることですが、もしあなたが「プロ」と同じ金額で注文をすれば儲かるかといえば、そういうわけではありませんよね。例えば、仮にプロと全く同じ金額で注文できたとしても、そのあとの行動次第で、利益が出るのか、損失が出るのかは変わります。

さらに、

・このエントリーポイントは当に正しいのか?と、戸惑う
・このポイントでエントリーをしないとチャンスを逃すような気がする
・10分前に損をしたので、それを今すぐ取り返したい
・なんとなく、思い付きでエントリーしてしまう

というメンタルの問題で、「早くエントリーしすぎる」とか「遅くエントリーしすぎる」など、プロであれば、パッと判断し「的確にエントリー」をするような部分を、同じ手法でやっていても、若干のズレが生じ、不利な局面でトレードをしてしまうことなどは、日常茶飯事です。

エグジットは・・・
「利益を確定する」か、または、「損切をするか」しかありませんが、

・いくらの利益を得たいのか不明確
・いくらの損失を防ぎたいのか不明確
・あと5分ポジションを保有すれば、含み損は利益に変わるのではないか
・あと10分ポジションを保有すれば、利益がもっと伸びるのではないか

というメンタルの問題で、「今、獲得するべき理想的な利益」を自ら手放してしまうケースも「あるある」でしょう。確かに、決済をするときというのは、そのトレーダーのメンタルの部分が如実に表れるところでもあり、利益が出るのか、損失が出るのかの大きな分かれ目になります。

ポジション保有時は・・・
これは、いうまでもありませんね。最もメンタルの問題が明確化するところです。ポジションを持っていない時、実際に資金を投じていない場合では他人事だったすべてのことが、「自分ごと」に切り替わり、焦り、不安が押し寄せてくる状況です。

・自分がエントリーしたポイントは正しかったのか
・今、含み益が出ているけど、早く決済して利益に変えたい、、、
・今、損失が出ているけど、これ以上、損が拡大しないか不安、、、
・その思惑と違う1のローソク足のせいで、次の展開が読めなくなり焦る、、、

これらの不安や焦りというのは、なかなかトレードの書籍やネット上にある動画などを見ても、解消されるものではありません。実際の資金を投じるというのは、そういうものです。

しかし、私たち一般投トレーダーよりも経験を積んでいるとはいえ、同じ人間であるプロトレーダーは、もっと大きな資金を使い、しかも、それでご飯を食べているわけですから、もっと大きなストレスがかかります。

では、どうやってプロトレーダーは焦りや不安、ストレスと戦いながら、利益をしっかりと上げているのかという疑問があると思います。

実際に、的確なエントリー、的確なポジション、的確なエグジットを実現するためはどのようなメンタルコントロールをすればよいのか、よくわからないという人も多いでしょう。

そこで、プロのメンタルコントロールを体系的にわかりやすくまとめているのが、ニコラス・グールド氏の『プロトレーダーの最強メンタルコントロール術』です。Amazonでも販売されていましたが、売れに売れて、品切れ状態が続きました。

nick_1-3

すでにご覧になった方からは、


・「エコノミストによるトレードについてのは沢山あるが、現役のプロトレーダーの書いたはなかなかない。プロでさえ毎日、自分自身のメンタルトレードお戦っている。物のメンタルコントロール技術を自分に落とし込むにはおすすめの一冊」


・「プロとして世界のマーケットで活躍され、現在も現役トレーダーであるニコラス氏のアドバイスは、日で普通に勉強しているだけでは得られない、貴重で、高度な内容ばかりです。目からウロコのメンタルアドバイス満載です。」


・「トレードで大事な事それはシンプルなトレードルール。そして、資金管理。お金を毎日儲ける、といったことではなく、トレーディング戦略に従う
トレードは100%の勝率はない。だからこそ必要なのがメンタルコントロールの重要性。勝率が50%以下でも問題ありません。これらの内容がしっかり書かれている必読書となる手元に置いておきたい一冊でしょう。」


・「これまで読んできたトレードのなかでもここまでメンタルに特化しかつ分かりやすいはありません。メンタルコントロールは難しく、そのためにルールを破りやすいため、それを防止するためにも一読して終わりでなく、定期的に読み返すことをオススメします。」


・「素晴らしい書籍に巡り合えました。少し難しいところもありますが、何度も読み返して自分の物にしていきたいです。
利益を出せるトレーダーになる為には、必須で学ばないといけない必読の書籍です。」

と、大きな評判となっています。
また今なら、期間限定で、豪華特典ビデオ「トレードにおける10の迷信(約30分)のビデオ講座」が貰えます。
あなたのトレーダー人生を好転させるヒントを、ここから探し出してくださいね。

6

\ 投資の学校プレミアムの購読はSNSが便利です。 /

コメントはこちらからどうそ

コメントを残す

*