【注意】FXレバレッジ設定、気を付けるべき点は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
shutterstock_563396455

FXに興味がある人なら、「レバレッジ」という単語を聞いたことがあるかもしれません。また、既にFXを始めている人なら、「ハイレバレッジは危険」という噂を聞いたことがあるかもしれません。

でも……そもそもレバレッジって何でしょうか?そして、なぜハイレバレッジが危険なのでしょうか?

レバレッジ設定するにあたり、気を付けておきたいこの2つの疑問を解消すべく、調べてみました。

レバレッジって、なんだ?

そもそも、レバレッジが何なのかという点から明らかにしておきましょう。

本来は「てこ」

学生時代の理科の時間に、「てこの原理」って習いませんでしたか?てこを使うと、小さな力で重い物体を動かせるという原理です。分かりやすくするために、図にしてみました。

0001

実は「レバレッジ」とは、「てこ」を意味する英語で、FXの世界では「少ない資金を元手に、大きな金額の取引を行うことができる仕組み」を意味する言葉として使われています。

FXは少ない資金からでも始められる」と言われているのは、このレバレッジの仕組があるからです。

日本のFX会社の場合、レバレッジは25倍まで

さて、このレバレッジですが、いくらでも好きに数字を設定できるわけではありません。日本で営業しているFX会社(日本の金融商品取引法に基づく免許・許可・登録等を受けている会社)の場合、25倍までと決まっています。

海外のFX会社ではそのような規制がない場合もありますが、その会社が信頼のおける会社かどうかを見分けるのは、きわめて困難です。これを読んでいるあなたが、これからFXを始めるつもりで口座を開設するなら、信頼のおける日本のFX会社を選びましょう。

証拠金とレバレッジの関係

FX取引を行う場合、専用口座に証拠金を差し入れます。この時、レバレッジを何倍にするかで、実際の取引可能額が決まる仕組みです。

分かりやすくするために、1ドル=100円とした場合、

  • 証拠金
  • レバレッジ
  • 取引可能額
  • 1ドル=101円になった場合の評価損益

を表にまとめました。

ハイレバレッジが危険って、本当?

レバレッジについて理解していただいたところで、次の話題に移ります。よく、「FXは高いレバレッジ(=ハイレバレッジ)で取引できるから、危険」と言われていますが、この噂は本当なのでしょうか?

同じ通貨単位の取引なら……

ハイレバレッジの話をする前に、大前提として皆さんに知っておいてほしいことがあります。それは「FXにおいては、同じ通貨単位の取引であれば、どんな相場変動が起こっても、損益は同じ」であるということです。

つまり、1万通貨単位の取引を行っていて、相場が1ドル=100円から101円に動いた場合、損益は1万円となります。これは、1万通貨単位の取引をどのように行っていたとしても、変わりません。

本当に危険なのは、ハイレバレッジそのものではない

ここで、先ほど紹介した表をもう一度見てみましょう。


確かに、同じ通貨単位の取引であれば、相場変動により生じる評価損益は変わりません。

例えば

  1. 10万円の証拠金で20倍のレバレッジをかけ、2万ドル相当額の取引をしていた。
  2. 20万円の証拠金で10倍のレバレッジをかけ、2万ドル相当額の取引をしていた。

のいずれの場合であっても、評価損益は同じ2万円なのです。

でも、実は決定的に違うことがあります。「仮に損失が生じた場合、証拠金の何割を失うか」という点です。前者の場合は2割、後者の場合は1割の証拠金を失うことになります。

より分かりやすくするため、もっと極端な例を考えてみましょう。次の2つのケースを考えてみてください。

  1. FX口座に証拠金を50万円入金し、そのうちの5万円に20倍のレバレッジをかけ、1万ドル相当の取引をした。
  2. FX口座に証拠金を5万円入金し、全額に20倍のレバレッジをかけ、1万ドル相当の取引をした。

仮に、このときに急激な相場変動が起き、1ドル=100円から105円になったとしましょう。5万円の損失が生じた場合、2のケースでは証拠金が全額なくなってしまいます。1のケースでも、証拠金が5万円減ってしまうのは同じですが、残った45万円で取引は続けられるでしょう。

つまり、ハイレバレッジそのものが危険なわけではありません。

  • 「損失が生じた場合、証拠金がいくらなくなるか」
  • 「残った証拠金でスムーズに取引を続けられるか」

を考えずに、むやみにレバレッジだけを高くして取引を行うのが危険なのです。裏を返せば、この2点について気を付けておくだけでも、レバレッジ設定はスムーズに行えます。

「投機」と「投資」は違う

「ハイレバレッジは危険」という言葉のからくり、わかりましたか?最後に、投資で成功するために心掛けていただきたい点にふれておきます。

正しい知識を身につけることが大事

今回取り上げたレバレッジのように、正しい知識を身につけるよう心掛けるだけで、投資で成果を残せる確率は大きく上がります。「FXで損した」「株で大失敗した」などと嘆いている人の中には、正しい知識を身につけないでFX・株の取引を行っている人もたくさんいるでしょう。

そこまで来ると、もはや投資ではなく、投機=ギャンブルです。「正しい知識を身につけることこそが、投資で成功するには必須」という点は覚えておきましょう。

正しい知識は、どうしたら手に入る?

では、正しい知識はどうすれば手に入るのでしょうか?ご自分で本やインターネットで情報収集するのも役に立ちますが、よりおすすめなのは「その道のプロに習う」ことです。

大きな声では言えませんが、本やインターネットの記事は必ずしも正しいとは限りません。本は出版前に厳重なチェックを重ねますが、インターネットの場合は、チェックをすり抜けているのも珍しくないのです。

また、知識を得たところで、それを実際の投資にどうやって活用するかが分かりにくいのも事実でしょう。正しい知識の活用法を知るなら、やはり長年の経験から編み出されたアドバイスにかなうものはありません。

つまり、

  • 正しい知識を身につける
  • 身につけた知識の正しい活用法を知る

この2つができて、初めて投資での成功が近づくといえるのです。

最近では、無料オンライン講座であっても、その道のプロが長年培ってきたノウハウを惜しみなく提供してくれるものが増えてきました。「来年こそは、ぜひ投資で成功したい!」と考えている方は、ぜひフル活用していただきたいと思います。

【無料】現役プロトレーダーのトレード術を公開中!

FXをやってみたいけど、
何から手をつけていいかわからないあなたへ

初心者にもわかりやすいと評判の
FXをギャンブルにしない確率を使ったトレード術を学んでみませんか?



【無料】今すぐ動画を見る

\ 投資の学校プレミアムの購読はSNSが便利です。 /

コメントはこちらからどうそ

コメントを残す

*

CAPTCHA


※規約(個人情報の取り扱い)に同意して