トレンドラインを使いこなして初心者でも簡単に相場を読み解く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
trendline_0602

サポートライン(支持線)とレジスタンスライン(抵抗線)は、
多くの市場参加者が注目するトレンドラインです。

このサポートラインとレジスタンスラインを活用することで、トレンドを読み取ることができ、
相場の売買ポイントを一目で分かるようになります。

そこで、今回はサポートラインとレジスタンスラインの引き方から、
実際に売買のポイントを見つけるための方法を解説していきます。

サポートラインの引き方

サポートラインの定義は、切り上がっていく安値を結んだ直線です。価格は上下動を繰り返していますが、その中で安値を記録したところを結んでいった線が切り上がっていれば、その相場は上昇トレンドにあると言えます。

サポートライン付近で買った投資家が一斉にポジションを売ることにより、サポートラインを割り込むと、それまでの安値を更新すると、売りで参入する投資家が増えることで大きく価格を下げる傾向があります。

レジスタンスライン引き方

レジスタンスラインの定義は、切り下がっていく高値を結んだ直線のことです。
サポートラインの逆で、高値を記録したところを結んだ線が切り下がっていれば、その相場は下降トレンドになります。

そして、レジスタンスラインを突破して、価格の上昇を始めると、レジスタンスライン付近で売りのポジションを取った投資家が一斉に損切りや、遅れて買いで参入するために、価格が上昇する傾向があります。

チャネルラインを使った応用

相場が上昇トレンドの場合、安値を結んだ線がサポートラインであることは、前項で解説しました。次に、この上昇トレンドの初めの高値からサポートラインに対して平行に線を引きます。この線をチャネルラインといいます。

価格がサポートラインを切り下がると、それまで上昇トレンドだった相場が転換する可能性が出てきますが、上昇トレンドにおいてチャネルラインを価格が切り上げ続けた場合は、この上昇トレンドの加速を意味するため、買い増しの参考として活用することができます。

これは、下降トレンドでも同様に使うことができます。
まず、下降トレンドの高値を結んだレジスタンスラインに対し、初めの安値から平行に線を引くことでチャネルラインを引くことができます。

そして、下降トレンドにおいてチャネルラインを価格が切り下がった場合は、この下降トレンドがまだ続く可能性を示します。

チャネルラインを活用することにより、もしも相場の価格変動がトレンドライン(サポートラインまたはレジスタンスライン)とチャネルラインの間で動いている場合、仕掛けと手仕舞いのタイミングを計る参考にすることができます。

三角保ち合いと拡散相場

三角保ち合いとは

相場の価格は、上昇・下降を繰り返しながら推移していきますが、その価格の振幅(ボラティリティ)は大きいときもあれば小さいときもあります。

価格の変動が一定の範囲で継続している状態を「保ち合い」といい、特にボラティリティが徐々に小さくなり、サポートラインとレジスタンスラインを引いた時に、三角形のようになる状態を「三角保ち合い」と言います。

三角保ち合いには、次の3つのパターンがあります。

①均衡型の三角保ち合い

明確なトレンドが形成されず、価格が上昇・下降のどちらになるか不透明な状態。

②安値を切り上げている強気の三角保ち合い

高値は比較的水平に推移しながら、安値を切り上げていくことで、価格が上昇する可能性が高い状態。

③高値を切り下げている弱気の三角持ち合い

安値は比較的水平に推移しながら、高値を切り下げていくことで、価格が下降する可能性が高い状態。

拡散相場とは

高値を切り上げながら、安値を切り下げる、
つまり、高値を更新したら安値も更新していく相場を拡散相場と言います。

三角持ち合いと拡散相場は、トレンドが無い状態、
つまり、レンジ相場ということになります。

価格が上昇・下降するか判断できない状態ですので、
売買のポイントを見極めるのは難しいので、初心者の方がトレードするには特にリスクが高いので注意しましょう。

まとめ

トレンドラインを上手に使いこなすことで、今相場がどのような状況にあるのか判断できるようになります。

トレンドラインを引くことは、売買のポイントを探すうえで大変参考になりますので、まだトレンドラインを使ったことがない方は、ぜひ自身のトレードで活用してみてください。

※この記事で紹介している内容は、投資の学校が提供する矢口新先生の講義を元にしています。

【無料】小次郎講師7step安定投資家への道

今までの投資やトレードの常識を全て捨ててください!


たった3日で、負けない投資家を目指し、
たった5日で、勝てる投資家を目指し、
たった7日で安定して勝ち続ける投資家になるための

実践的7ステップを無料オンライン講座で公開中

今すぐ無料オンライン講座を見る

\ 投資の学校プレミアムの購読はSNSが便利です。 /

コメントはこちらからどうそ

コメントを残す

*