RSIの基本的な見方使い方をご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
shutterstock_1262266093 (1)

テクニカル指標の1つに「RSI」がありますが、皆さんはしっかりと理解できていますか?オシレーター系の代表的な指標である「RSI」をきちんと理解していないと、ダマシに引っかかってしまうことも…。

どうせテクニカル指標を使用するのであれば、しっかりとダマシを回避して損失を抑えたいものですよね。そこで今回は、オシレーター系のテクニカル指標のRSIについて基本的な見方使い方などをご紹介していきたいと思います。また、RSIの注意点も一緒にご紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください!

RSIとは?

RSIとは、「Relative Strength index」の略で「アールエスアイ」と読み、相対力指数ともいわれています。1978年にアメリカの証券アナリスト「J.W.ワイルダー」によって開発されました。

具体的には、一定期間における価格の変動幅から「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」をパーセンテージで表したものとなっており、オシレーター系の代表的な逆張り指数となっています。オシレーターとは、「振り子」「ふり幅」といった意味です。

今回ご紹介するRSIの他にも「ストキャスティクス」「モメンタム」といった様々な指標が存在しています。どの指標も基本的には「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」に着目しているので、そこから逆張りを狙うことが可能で、逆張り指標とも呼ばれているのです。

オシレーター系のテクニカル指標の中でもRSIは特に人気があるため、多くのネット証券会社に取り入れられているでしょう。

RSIの計算式

それでは、RSIの計算式について紹介していきます。RSIの計算式を理解することで、正しい使い方をマスターすることが可能です。

今回は、RSIの使用期間の中からよく用いられる14日間の計算式で解説していきます。14日間の中で上がった幅・下がった幅がどれくらいあるのかを寄せ集め、数値を導き出していきます。

【公式】

RSI=A/(A+B)×100

  • A=14日間の上昇幅の合計
  • B=14日間の下落幅の合計

【例題】

20190206rsitotalRSI=150/(150+100)×100=60%

このようにRSIは、過去一定期間の値動きの中で上昇率が何%かを導き出し、その後グラフ化したものとなっています。この数値を把握することで、売りと買いの勢力がどの程度なのかを知ることが可能です。

RSIの設定期間

RSIの設定期間には、以下の日数があげられます。

  • 日足…9日、14日、22日、30日、42日、52日
  • 週足…9週、13週

この中でもよく使用されているのは日足の14日となっています。開発者のJ.W.ワイルダーも14日を推奨しており、もっとも使用されている設定期間です。

RSIの基本的な見方

RSIは、「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」を0~100%のパーセンテージで表示します。「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」を判断する水準には、80・20%、75・25%、70~30%がよく用いられます。

この通りRSIが70~80%以上であれば価格が買われ過ぎていることを示し、RSIが20~30%以下であれば価格が売られ過ぎていることを示しているのです。

RSIの基本的な使い方

RSIの基本的な使い方は、上述した「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」のサインで逆張り的な売買指標として使うようにしましょう。基本的には、ローソク足チャートと並べてRSIを見てみると「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」のラインを超えると相場が反転しやすいので、皆さんも実際に確認してみてください。

具体的にはこの仕組みを踏まえた上で、RSIが30%以下で反転した時に買い、70%以上で反転した時に売るといった判断で売買を行っていきましょう。

RSIはボックス相場向き?

RSIは「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」を0~100%のパーセンテージで表した、逆張りに使用できるとても優れたテクニカル指標となっています。しかし、そんなRSIにも弱点があるのです。

その弱点とは、相場に強めのトレンドが出てしまうと、逆張りサインの効果を発揮してくれなくなってしまう点です。すなわち、相場に大きな上昇トレンドや下降トレンドが発生することで、ダマシとなってしまうのです。

例えば、相場に大きな上昇トレンドが発生したとして、その時RSIは早い段階から70%以上の売りシグナルが出てしまいます。その売りシグナルに沿ってトレードしてしまうと、その後の上昇幅を取れなくなって多額の損失を被ってしまうことも…。

そのためRSIを用いる場合には、強めのトレンドが発生していないボックス相場の判断材料に使用しましょう。ボックス相場においては、「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」の逆張りでエントリーしていくと効率よく成果を上げていくことが可能です。

他の指標と併せて使おう!

RSIが有効とされるのは、ボックス相場といったことが分かりました。ボックス相場のような一定のレンジを上がったり下がったりしている時には、はっきりと売買サインが確認できます。

しかし、相場に強めのトレンドが発生すると、RSIは上下どちらかに張り付いたまま機能しなくなってしまいます。そんな時におすすめなのが、トレンド系のテクニカル指標を合わせて使うこと。

例えば、移動平均線やボリンジャーバンドといったトレンド系のテクニカル指標を併用することによって、強めのトレンドによるダマシを回避することができる可能性が高くなります。

RSIを使用する上での注意点

最後にRSIを使用する際の注意点をご紹介したいと思います。これらの注意点をしっかり把握することによって、ダマシを回避できます。それでは、詳しく見ていきましょう!

強いトレンド

RSIはボックス向きといった説明でも軽く触れましたが、強いトレンドが発生すればうまく機能しなくなることがあります。仮に上昇トレンドに入った際、RSIは買われ過ぎの数値を示しているので逆張りの売りを仕掛けた場合には、その後一向に価格が下がらず大きな損失を被ってしまう可能性があります。

このように、一度強いトレンドに入ってしまった場合には、一方的に価格が上がってRSIが機能しなくなってしまいます。もし逆張りを仕掛けた後に強いトレンドが発生してしまったのであれば、早めの損切を心掛けましょう。間違ってもRSIで逆張りのシグナルが出ているからといって、ナンピンしないように注意しておいてください。

ダイバージェンス(逆行現象)

ダイバージェンスとは、相場や逸脱、発散などを意味する英語の「divergence」に由来しており、相場とRSIなどのテクニカル指標の動きが逆行する現象をいいます。例えば、相場の値動きが高値を更新したのにRSIは上値更新できなかったり、相場の値動きが安値を更新したのにRSIは下値更新できなかったりといった現象が起こります。このダイバージェンスが起こると、トレンドの強さや勢いが弱まっていることを読み取ることが可能。

中でも相場の値動きが高値でRSIが上値を切り下げていくのを「弱気のダイバージェンス」といい、その反対の相場の値動きが安値でRSIが下値を切り上げていくのを「強気のダイバージェンス」と呼びます。これらは、トレンドの最終局面で発生することが多いので、ダイバージェンスが確認できた時には、相場の値動きやRSIの推移に注意してトレードしましょう。

リバーサルシグナル

リバーサルシグナルとは、「隠れたダイバージェンス」と呼ばれることもあり、ダイバージェンスと同様の逆行現象をいいます。ダイバージェンスとの大きな違いは、リバーサルシグナルではトレンドが継続していくといったことを読み取れる点です。結果的にリバーサルシグナルが発生すれば、さらにトレンドは継続していく可能性が強いと捉えていいでしょう。

リバーサルシグナルの確認方法は、上昇トレンドであれば値動きとRSIの安値に着目し、下降トレンドであれば値動きとRSIの高値に着目してみましょう。どちらも相場の値動きは前回の安値・高値に届かないのですが、RSIに限っては上値・下値を更新していくことでリバーサルシグナルを確認することが可能です。このようなポイントに注意してリバーサルシグナルを見極めることで、損失を回避していきましょう。

まとめ

今回は、オシレーター系のテクニカル指標の1つRSIについて基本的な見方使い方などをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?RSIは相対力指数のことで、「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」に着目したオシレーター系の逆張り指標といったことが分かりましたね。

また、RSIの基本的な見方使い方、注意点などについてもお判りいただけたのではないでしょうか。特にRSIの注意点に関しましては、しっかりと理解しておくことで「ダマシ」を回避することも可能です。「ダマシ」を回避することができれば、無駄な損失を発生させずに利益を上げることが可能なので、ぜひこの機会にRSIを上手く活用してみてくださいね!

1日10分!初心者でも再現できるトレード手法


1日10分!
勝率71.4%以上!

初心者でも再現性の高いトレード手法


500回以上のリアル売買で検証。確率の原理で証明された

トレード手法を無料メール・動画講座で教えます。


詳細はこちら

\ 投資の学校プレミアムの購読はSNSが便利です。 /

コメントはこちらからどうそ

コメントを残す

*

CAPTCHA


※規約(個人情報の取り扱い)に同意して