世界中の投資家がこぞって使うMT4の実力とは?初めて使う人のための徹底解説【初級編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
what-is-mt4

MT4の紹介と目次

MT4(エム ティー フォー)」という言葉を聞いたことはありますか。最近FXを始めた方であれば、聞いたことがないという方もいらっしゃるでしょう。名前だけは聞いたことはあるけれど、なんだか難しいと思っている方もいるかもしれません。

実は、世界中で多くのFXトレーダーが使っているトレードプラットフォームは「MT4」であることをご存知でしたか。日本では、FX会社が独自のツールを提供しており、MT4を採用している会社はごくわずかです。難しい!というイメージがありますが、慣れてしまうと「これほど使い勝手のいいものはない!」と思うようになる人もたくさんいます。

今回は、MT4をまだ使ったことのない方、難しいというイメージを持っている方にも分かりやすく、MT4の基礎について紹介していきたいと思います。

MT4について知る

世界の投資家が愛用しているMT4ですが、実際はどのようなシステムで、どんな魅力があるのでしょうか。ここでは、MT4とその魅力をご紹介していきます。

MT4とは何か

MT4とは、ロシアのメタクォーツ社が2005年に開発した「FXプラットフォーム」です。主にFXトレーダーを中心に世界中で使用されており、高い拡張性を持っています。独自のインジケーターやプログラムを活用して、誰でもプロトレーダーと同じチャート分析を行うことができます。

MT4の正式名称は「MetaTrader 4」です。日本では、各FX会社から独自の取引ツールが提供される場合が多いですが、海外のFX会社では、最初からMT4を用いるようになっていることが多いです。このMT4の最大の特徴は、「自分で作成した自動売買プログラム(システムトレード)を運用することが可能」という点でしょう。

MT4の魅力

自動売買プログラムは、「MQL4(Meta Quotes Language 4)」というプログラム言語を使って作成することができます。また、自動売買だけではなく、オリジナルインジケータなどもこのMQL4で作成することが可能です。インターネット上には様々なインジケーター、自動売買プログラムが販売・配布されており、それらを自由に活用して独自のチャート分析、戦略を練ることができます。

こうした魅力的な点が数多くあるため、初級者から上級者に至るまで世界中の投資家から支持を得ています。海外製のチャートソフトですが、日本語にも対応しているので安心して使用できます。MT4をダウンロードし、自分の口座にログインするだけで、だれでも無料で使用することができることも魅力的です。MT4の魅力を以下に詳しくまとめてみました。

  • オリジナルのプログラム・インジケーターを作成できる
  • 自分の戦略を過去のチャートを使って検証することができる
  • テクニカル指標を1つのチャートに多重描画できる
  • MT4だけで複数のFX会社の口座にログインすることができる
  • FX会社によっては、先物取引、株式取引、株価指数を同じ画面で表示できる

 

MT5とは

MT4の後継取引ツールとして2011年に「MT5」がリリースされています。開発元のメタクォーツ社は、MT5への移行を推奨していますが、MT4は根強い人気があるというのが現状です。MT5は、MT4よりも処理能力が優れており、快適に取引を行えます。しかし、まだFX業界に浸透しておらず対応業者が極端に少ないことが欠点の一つです。

また、これまで支持されてきたMT4とは互換性がなく、愛用してきたプログラム・インジケーターを使用できないなどの問題もあります。MT5のプログラム言語はMQL5となっており、こちらの言語に書き直す必要があるためです。このため少しずつ自分の環境に整えたものを初めから設定し直すよりは、現状のままでよいと判断する投資家が圧倒的に多いというのが現状です。

しかし、2017年を最後にMT4のアップデートの更新がされていませんが、MT5はかなり頻繁にアップデートされています。このようなことからも開発元はMT5に力を入れており、近い将来にはMT5が主流になっていくと予想されます。現在は、提供している会社も少なく、MT4に比べるとインジケーターやEAなどの種類が少ないためMT4を使い続けるという選択肢の一つです。

しかしながら、近年急速にMT5の普及が進んでいることも事実です。これからFXを始めようとする人、特別なインジケーターや自動売買を行わない人でしたら、MT5を活用していくとよいでしょう。以下がMT4とMT5の違いを説明した表です。

mt4_1

MT4を使ってみよう

では、実際にMT4を使用するための手順について説明していきます。

MT4のインストールの仕方

通常MT4のダウンロードは各FX会社公式ホームページから行えます。MT4でのトレードに対応しているFX会社、海外FX会社ですとMT4ダウンロードページが用意されています。1度自分のパソコンにダウンロードしておけば、他のFX会社の口座にもアクセスすることができるようになっています。

図2:MT4のインストール画面例

mt4_2

これがおすすめ!MT4の設定の仕方

MT4をダウンロードしたら、自分仕様にカスタマイズすることができます。簡単な表示変更を行ってみましょう。操作方法は以下の通りです。

1.チャートの選択

最初にカスタマイズしたいチャートを選択→右クリック→プロパティ選択
図3:各種機能選択画面

mt4_3

2.各種機能選択画面

各種機能選択画面が出てきます。
この中から「プロパティ」を選択してクリックしましょう。クリックするとチャートの色や価格線などを調整できる画面が表示されます。
(※図4参照)

図4:チャート色設定画面

mt4_4

ここでチャートの色や背景に関する設定をすることができます。
また、「全般」画面では以下の設定をすることができます。

  • ローソク足やバーチャートなどの表示の選択
  • 背景のグリッド線の表示やASKラインの表示選択

・・・etc.
図5:プロパティ〉全般設定画面

mt4_5

そのように設定すると、以下のように分かりやすく設定ができます。
図6:チャート画面設定例

mt4_6

自分仕様にカスタマイズできました。
このようにして、チャート画面を自分仕様に変更することができ、ストレスをためることなく快適な環境で取引ができます。

MT4を取引できる環境にする

これまでMT4をダウンロードし、チャートの色に関する設定まで説明してきました。しかし、これだけで取引はできません。各種インジケーターなどを使う必要があります。ここでは、インジケーターの表示の仕方、表示時間に関する注意点、おすすめのインジケーターを紹介していきます。

インジケーターをチャートに表示する

では、インジケーターをどのようにチャートに表示させればよいでしょうか。以下の説明を参考に実際に取り組んでみましょう。

1.ナビゲーターを表示する

上記タブの「表示」→「ナビゲーター」を選択すると下記の画面が表示されます。
図7:ナビゲーター表示画面

mt4_7

2.インジケーターをダブルクリックする

ナビゲーターの中にあるインジケーターから自分が表示したいインジケーターをダブルクリックします。ここではMACDを例に説明していきましょう。MACDの部分をダブルクリックすると以下の画面が表示されます。

図8:インジケーターの表示の仕方

mt4_8

自分の仕様に合わせて、各数値を設定します。「OK」をクリックするとMT4画面の中にMACDが表示されます。インジケーターの表示制限はありませんので、何個でも描画することが可能です。

図9:インジケーターの個数に制限はない

mt4_9

表示時間について

日本のFX会社が提供するツールは日本標準時間が基本設定になっていますが、MT4に関しては海外製の取引ツールであるため注意が必要です。表示されている時間は、アメリカやヨーロッパの時間が表示されています。日本とは6~7時間程度時差がありますので頭が混乱してしまうかもしれません。

なぜこのようなことが起きるのでしょうか。それは、FXサーバーが置かれている現地の時間が「標準時間」として設定されているためです。MT4をダウンロードしたFX会社のサーバー所在地によって表示される時間は異なっています。各FX会社が独自に表示時間を設定している場合もありますので、一度公式ホームページを確認してみましょう。

MT4の各種機能についての説明

ここからは、MT4の基本的な機能について簡単に説明していきます。

ターミナル

表示タブ→ターミナルをクリック(ショートカット:Ctrl+T)

図10:ターミナル表示画面

mt4_10

このターミナル画面では、ポジション保有数、口座履歴、アラーム設定などを行うことができます。

実際にポジションを持つと「取引タブ」に、ポジション状況や余剰証拠金、証拠金維持率などがリアルタイムで表示されます。この画面から「損切り(決済逆指値)」と「利益確定(決済指値)」を設定することもできます。日にちをまたぐとスワップ金利が付与され、スワップ欄に表示されます。

図11:リアルタイムでポジション状況を把握できる

mt4_11

ナビゲーター

表示タブ→ナビゲーターをクリック(ショットカット:Ctrl+L)
ナビゲーター画面では各種インジケーター・EAが表示されています。自分でMT4にダウンロードしたものもここに表示されます。ナビゲーターからのチャートへの表示方法については「インジケーターの表示方法」をご確認ください。

図12:ナビゲーター表示画面 EAやインジケーターを選択できる

mt4_12

ストラテジーテスター

ストラテジーテスターでは、自分で作成した自動売買プログラム・ロジックを過去のチャートを使って検証することできます。

図13:ストラテジーテスター表示画面

mt4_13

EAを選択し、通貨ペア、時間足を選択することができます。期間を限定したり、スプレッドを固定したりして検証できます。実際に検証してみると成績や勝率、リスクリワードなど総合的にロジックを検証することが可能です。

図14:成績グラフと詳細の分析結果

mt4_14
mt4_15

しかし、注意しなければいけなのは「カーブフィッティング」をしてしまうことです。カーブフィッティングとは、過去のデータに最も適した数値を設定し、最適化を繰りかえす行為のことです。このようにしてしまうと過去のデータに最適化されすぎてしまっているため、実際に運用すると全く結果が異なるなどの問題が発生します。

まとめ

ここまで基本的なMT4についての説明とインストール・設定手順について説明してきました。「MT4を使ってみたいけれど・・なんだか難しそう」というイメージを持っている方もぜひ試してみてください。泳ぎを覚えたいと思ったらまず水に飛び込みましょう。

自分でいろいろ試行錯誤していくうちに、使い方にも慣れて、感覚をつかむことができます。デモ口座を利用することができますので、本番口座の取引をする前に、基本操作をマスターしましょう。皆様がMT4を使って快適な取引をすることができることを願っています。

1日10分!初心者でも再現できるトレード手法


1日10分!
勝率71.4%以上!

初心者でも再現性の高いトレード手法


500回以上のリアル売買で検証。確率の原理で証明された

トレード手法を無料メール・動画講座で教えます。


詳細はこちら

\ 投資の学校プレミアムの購読はSNSが便利です。 /

コメントはこちらからどうそ

コメントを残す

*

CAPTCHA


※規約(個人情報の取り扱い)に同意して