初心者でも売買サインを一目で判断できるグランビルの法則を使ったチャート分析

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
shutterstock_281457158

グランビルの法則”とは、アメリカの著名な株式アナリストであった、ジョセフ・E・グランビルが考案した移動平均線を使ったチャート分析です。

グランビルの法則は、1960年代にジョセフ・E・グランビルの著書「グランビルの投資法則」にて発表されました。それから、約50年以上経過した今もなお、世界中のトレーダーが学ぶ重要なチャート分析の方法です。

そして、移動平均線を使ったチャート分析の基本でもある、グランビルの法則により、投資初心者でも一目で売買サインを発見できるのです。

グランビルの8法則

グランビルは、「グランビルの8法則」という移動平均線を用いたトレードでは、8つの売買サインが存在することを発見しました。
以下の図に示したものが、8つの売買サインのポイントです。

◇買いサイン

① 移動平均線が下落した後、横ばいまたは上昇し始めた局面で、
価格が移動平均線を下から上に突き抜けたとき

② 移動平均線が上昇している局面で、価格が移動平均線を上から下に突き抜けたとき
③ 移動平均線より上にある価格が一度移動平均線に近づくが、再度上昇し始めるとき
④ 移動平均線が下落している局面で、価格が移動平均線からかい離しているとき

◇売りサイン

① 移動平均線が上昇した後、横ばいまたは下落し始めた局面で、
価格が移動平均線を上から下に突き抜けたとき

② 移動平均線が下落している局面で、価格が移動平均線を下から上に突き抜けたとき
③ 移動平均線より下にある価格が一度移動平均線に近づくが、再度下落し始める時
④ 移動平均線が上昇している局面で、価格が移動平均線からかい離しているとき

ゴールデンクロスとは

●ゴールデンクロス

下落していた価格が、横ばいまたは上昇に転じている時に、短期移動平均線が長期移動平均線を下から上に突き抜けたポイントです。

ゴールデンクロスは、重要な買いサインの一つです。ゴールデンクロスが出るまでは、買い手が不利、売り手が有利の状態であったものが、ゴールデンクロスを境に立場が逆転し、買い手有利の局面となります。

この変化によりエッジが発生し、買いのチャンスが生まれるのです。

以下の図は、実際のチャートに発生したゴールデンクロスです。

デッドクロスとは

●デッドクロス
上昇していた価格が、横ばいまたは下降に転じている時に、短期移動平均線が長期移動平均線を上から下に突き抜けたポイントです。
デッドクロスは、重要な売りサインであり、ゴールデンクロスの真逆だとイメージしてください。デッドクロスが出るまでは、買い手有利、売り手不利の状態であったものが、デッドクロスを境に立場が逆転し、売り手有利の局面となります。この変化によって、エッジが発生し、売りのチャンスが生まれます。
以下の図は、実際のチャートに発生したデッドクロスです。

グランビルの法則の注意点

前項までの内容では、グランビルの法則を活用することで、ゴールデンクロス、デッドクロスといった“買いサイン”“売りサイン”が一目で分かるという、長所について解説しました。

しかし、ゴールデンクロスとデッドクロスは、必ずしも当たるわけではなく、短所もあります。
そのクロスが本当に有効な買いサイン、売りサインであるのか判断しなければいけません。
そこで、クロスを判断するときに、どのような点に注意するべきか解説していきます。

ダマシのクロス

●ダマシのゴールデンクロス
長期移動平均線が下降している局面で価格が上昇し、短期移動平均線が長期移動平均線を下から上に突き抜けたときは、“ダマシのゴールデンクロス”と考えられます。
なぜなら、前項でお伝えしたように、買いサインとなるゴールデンクロスは「下落していた価格が、横ばいまたは上昇に転じている時に、短期移動平均線が長期移動平均線を下から上に突き抜けたポイント」であるため、この条件に当てはまりません。

そして、このクロスが本当にダマシであるか判断するには、2回目のクロスが重要となります。一度上に突き抜けた短期移動平均線が、次に長期移動平均線を上から下に突き抜ける、つまりデッドクロスが出れば、先ほどのゴールデンクロスはダマシだったと判断され、売りのチャンスとなります。

ここで気を付けてほしいのは、2回目のクロスがなく、1回目のクロスがそのままゴールデンクロスになることがあります。

そのため、初心者の方は1回目のクロスがダマシのゴールデンクロスだと思っても、2回目のクロスを迎えるまでは、売りのポジションを持つことは避けた方が安全です。

●ダマシのデッドクロス
これは、ダマシのゴールデンクロスの逆のパターンです。
長期移動平均線が上昇している局面で価格が下降し、短期移動平均線が上から下に突き抜けたとき、“ダマシのデッドクロス”の可能性があります。

売りサインとなるデッドクロスは、「上昇していた価格が、横ばいまたは下降に転じている時に、短期移動平均線が長期移動平均線を上から下に突き抜けたポイント」だからです。

そして、1回目のクロスで下に突き抜けた短期移動平均線が、再度上昇し、長期移動平均線を下から上に突き抜ける、つまりゴールデンクロスとなれば、1回目のクロスはダマシのデッドクロスであり、買いのチャンスが来たと判断できます。

ダマシのゴールデンクロスと同様に、2回目のクロスを確認してから、買いのポジションを持つように意識しましょう。

ゴールデンクロスもデッドクロスも、本物かダマシか区別する際は、長期移動平均線の傾きに注意してください。
もし、本物のゴールデンクロスであれば横ばいまたは上昇し始めており、ダマシであれば安定下降しているはずです。
反対に、本物のデッドクロスであれば横ばいまたは下降し始めており、ダマシであれば安定上昇を続けているはずです。

押し目買いと戻り売り

●押し目買い

価格が安定上昇している移動平均線の上にいる状態から、価格が下落し移動平均線に接近していくが、クロスすることなく、再び上昇することを言います。

そしてこれは、買いサインとなります。

押し目買いを見極めるポイントは、価格が長期的に見て上昇しているかどうかです。価格が安定上昇している中、一時的に下落したのであれば、押し目買いだと判断できます。

●戻り売り

価格が安定下降している移動平均線の下にいる状態から、価格が上昇し移動平均線に接近していくが、クロスすることなく、再び下落することを言います。

そしてこれは、売りサインとなります。

戻り売りを見極めるポイントは、価格が長期的に見て下降しているかどうかです。価格が安定下降している中、一時的に上昇したのであれば、戻り売りだと判断できます。

移動平均線の日数

ゴールデンクロスとデッドクロスを見つける際に、短期と長期の2本の移動平均線を用いることで簡単に見つけられることができます。
しかし、移動平均線の日数は数多くあり、どの日数を使うかによってゴールデンクロス、デッドクロスの出所が変わるという欠点があります。

図A

図B

AとB、2つのチャートは、同じ銘柄の同じ日時のチャートを映したものです。
Aのチャートに描かれている移動平均線は、短期が5日移動平均線、長期が25日移動平均線です。図の中央部にゴールデンクロスが発生しているのが分かります。

一方、Bのチャートに描かれている移動平均線は、短期が25日移動平均線、長期が75日移動平均線です。すると、2つの移動平均線がクロスする時期が異なります。

どの組み合わせが良いということはなく、トレードをする頻度や時間などで、用いる移動平均線の日数は人それぞれ異なります。
これが、移動平均線の欠点です。何日の移動平均線を組み合わせるかによって、売買サインの発生時期が異なるため、移動平均線だけで売買のタイミングを判断することは難しいといえます。

まとめ

グランビルの法則により、移動平均線を用いて売買サインを一目で判断できます。
しかし、それらのサインは絶対ではなく、ダマシであったり、何日移動平均線を組み合わせるかによってクロスの発生時期が異なるなど、移動平均線には欠点もあります。

そのため、信頼性を高めるためには、その他のテクニカル指標と組み合わせることで、より精度の高いテクニカル分析が行えるようになります。

それでも、移動平均線はどの証券会社のチャートソフトにも用意されており、
「チャート分析の王様」とも言われています。

なぜなら、シンプルであるため初心者でも使いやすく、なおかつ有効性が高いことが理由として挙げられます。
グランビルの法則に沿って、移動平均線を使ったチャート分析を学ぶことで、初心者でも投資で利益を出せるようになるでしょう。

※この記事で紹介している内容は、投資の学校が提供する小次郎講師の講義を元にしています。

【無料】小次郎講師7step安定投資家への道

今までの投資やトレードの常識を全て捨ててください!


たった3日で、負けない投資家を目指し、
たった5日で、勝てる投資家を目指し、
たった7日で安定して勝ち続ける投資家になるための

実践的7ステップを無料オンライン講座で公開中

今すぐ無料オンライン講座を見る

\ 投資の学校プレミアムの購読はSNSが便利です。 /

コメントはこちらからどうそ

  1. 今泉 ヒデ

    株投資初心者でも解りやすく勉強になりました。いろいろな法則を組み合わせて投資の勉強をしていこうと思っています。

  2. 佐藤富美子

    グランビルの法則、知ってはいましたが使い方が解りませんでした。
    初心者にも解かりやすい解説して頂きました。大変参考になりました。
    有難うございました。

  3. コーちゃん

    4月25日と26日にかけて5日移動平均線がナダラカナな20日、25日、60日移動平均線を下から上へと上抜きました。MACDもゴールデンクロスでした。けれど25,26,27日と3日続けての坂田5法の黒三兵。 上がるか下がるか分からないので手仕舞いました。4月28日の黒田日本銀行頭取の変な返事に売りが売りを呼び1,000近い下げでした。  上記の様な時チャートやMACDのゴールデンクロスが優先するか・黒三兵が優先するのか分からない時があります。

  4. 良く噛み砕いての説明とても分り易いです。
    次回のビデオが楽しみです。

  5. 「感想」
    ・FXは、1年以上続けていますが「なかなか」納得のできる投 資が出来ません。今回、エッジの効いたトレードを教えて戴 けるとの事、とても楽しみにしています。暗闇から抜でる  ことが出来たら「飛び跳ねるほど嬉しい」です。
    「悩み」
    ・デイトレードでの戦績は、ずたずたです。
     エントリーポイントでは、抵抗線に跳ね返されて損切り、
     移動平均線を抜ければ上昇と思いきや 下落などが多発。
     最近は、大きい時間足でトレードを心掛けていますが、待っ ても待ってもエントリーのタイミングにならず、ストレスの 溜まる日を送っています。「デイトレード」をやりたいので すが、勝てそうにないので 「スイングトレード」を試行し ています。4時間足と日足を確認してスイングトレードを  していますが、これも「エッジの効いたトレードとは言えま せん。優位性のあるトレードをしてみたいです。
    「質問」
     年齢(65歳)です。
     「体力」「視力」「記憶力」の低下で「継続」「検証」「勉 強」等のスキルアップが出来ません。
     そのため、分り易いトレードになってしまい 自信を得るよ うなトレードは「ただの一度もできていません」
     このような者にでも「楽しく」「疲れない」トレードを教え て戴けないでしょうか。
      宜しくお願い致します。
     

  6. 大畠 裕子

     小次郎講師、高橋ナビゲーター、三井様、佐野様、情熱を持って、私たちを正しいトレードに
    導いていただけました事を、心より厚く感謝申し上げます。
    この様な心洗われる御授業を受けられました喜びを、皆さまと共に、感謝申し上げます。
    ありがとうございます!
    いつまでも忘れないでしょう!

コメントを残す

*