株式投資

出来高株価の関係と注目銘柄の探し方

出来高株価の関係と、注目銘柄の探し方

株式投資で安定して利益を上げたいのであれば「予想」をなるべくしないで行うという心構えが大切です。そして、「予想をしない」という観点に立つと、「事実」として残っているものを参考にして売買をしなくてはならないわけですが、株式投資をする上で参考となる「事実」として、1つ「出来高」というものがあります。

出来高とは、売買が成立した株数のこと指します。成立後に確認ができるものなので「事実」として残りますが、この出来高を参考にすることで発見することができる注目銘柄の探し方があるので、その方法を公開していきます。

なお、この方法を用いて抽出した銘柄をもとに、最低限のチャート分析を行った結果、一定の成果が出た実証がありますので、成果の保証はできないながらも記しておきます。

WS000254

出来高株価の4つのパターンとは

WS000255

出来高株価には4つのパターンがあります。

1.出来高があがる かつ 株価があがる
2.出来高があがる かつ 株価がさがる
3.出来高は普通 かつ 株価があがる
4.出来高は普通 かつ 株価がさがる

この話と、注目銘柄を発見できるか否か、という話が関係するので下記をご覧ください。

1.出来高があがる かつ 株価があがる

WS000256

出来高が急騰、急増した後に、株価が上昇をしたということは、「多くの流入資金が入ってきた」ということなので、強い相場を意味します。なので、出来高が急騰、急増した後に、株価も上昇している銘柄を発見できた時には、その銘柄は上昇する方向に優位性を持ちます。

2.出来高は普通 かつ 株価があがる

WS000259

株価が上がっているにもかかわらず、出来高があまり高くないという場合には、「資金流入に歯止めが掛かり、弱さを内包している」ということなので、このあと下がる可能性を視野に入れて備えておいた方が良いです。株価だけを見ていたり、チャート分析だけを参考にして売買をしていると、ここに気が付きにくいので、気を付けて観察しておくことをオススメします。

3.出来高があがる かつ 株価がさがる

WS000257

出来高が急騰、急増した後に、株価が下落をしたという事は、「多くの資金が流出した」ということなので、弱い相場を意味します。なので、出来高が急騰、急増した後に、株価が下落している銘柄を発見できた時には、その銘柄は下降する方向に優位性を持ちます。

4.出来高は普通 かつ 株価がさがる

WS000258

株価が下っているにもかかわらず、出来高があまり高くないという場合には、「資金流出に歯止めが掛かり、強さを内包している」ということなので、このあと上がる可能性を視野に入れて備えておいた方が良いです。株価だけを見ていたり、チャート分析だけを参考にして売買をしていると、ここに気が付きにくいので、気を付けて観察しておくことをオススメします。

出来高急騰銘柄を探すなら矢口新のSチャート

WS000260

・その銘柄が
・本日
・直近一ヶ月ほどで最も出来高が高かった

というものを発見できるとすれば、それは「間違いなく本日の注目銘柄」です。チャートの形状やファンダメンタルズを調べておくことには越したことはありませんし、出来高が急騰するという事は1つの条件なので、それだけで上昇や下降が確定するわけではありませんが、明日の寄り付きで売買をするには、要注目をしておくべきです。

そのようなときには、ニューヨーク、ロンドン、東京という世界三大金融市場で、株式、為替、債券という世界三大金融商品を取り扱い20年以上の実績を持つ元プロディーラーである矢口新氏が考案したSチャートがオススメです。

ビデオによる解説

Sチャートは無料で使うことができます。Sチャートを無料で使いたい場合は、一度下記の動画をご覧頂き、使用方法やポイントや注意点などをご確認下さい。

Sチャートを無料で使用してみたい方はコチラ

Schart

こちらからご登録ください。

本気で株をはじめようと思うなら

もし、あなたが本気で株式投資をはじめようと思うなら、
無料で学べる電子書籍を読んでみてください。

累計12万人以上が学んだスクール
「投資の学校プレミアム」監修の株の本。

無料でダウンロード