【徹底図解】投資初心者必見のローソク足見方&具体的な売買タイミング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
icon15

株式投資をする上で、必ず目にするのがチャートです。投資家はこのチャートを分析して、今後の相場の流れを予測したり、売買するポイントを見つけたりするので、ここをしっかり理解しておかなければいけません。

しかし、チャートを分析するのにはたくさんのテクニカル指標が存在するため、投資初心者は最初からどれを使ってチャートを見ればいいのか分からず、面喰ってしまいます。

そこで、まずはチャートを分析する上での基本中の基本と言われている「ローソク足」について理解していただきたいと思います。この記事では、ローソク足見方から始まり、そのローソク足の動きのパターンから売買ポイントを見つけ出す方法などをお伝えしていきます。

ローソク足とは

ローソク足チャートとは、簡単に言うと株価の動きをわかりやすくチャート上に表したものです。現在の価格がどの位置にあるかが一目瞭然で、値動きをより明確にイメージすることが出来ます。そのため、多くの投資家が利用しており、テクニカル分析の中の基本中の基本となっています。

ローソク足の描き方

ローソク足は、まず株価の動きの4本値(「始値」、「終値」、「安値」、「高値」)を使ってチャートを作っています。

始値と終値は四角で表し、この部分のことを「実体」と呼びます。始値より終値が高い場合は、白いの四角で始値と終値を表し、「陽線」と呼びます。一方で、始値より終値が安い場合は、黒い四角で表し、「陰線」と呼びます。

また、四角の上下には高値と安値の線が伸びており、これを「ヒゲ」と呼びます。高値を上ヒゲ、安値を下ヒゲと呼びます。たとえば、下の図は、2日間の始値、終値、安値、高値に対応するローソク足です。

このようにして、日々の株価からローソク足は出来ていきます。そして、日付の古い順に左から右へとローソク足を並べていくと、下の図のような株価チャートができあがります。

(※株価チャートの例)

足の使い分け

毎日の株価を元にして描いた株価チャートのことを「日足」と呼びます。その他、週単位で描く「週足」や、月単位で描く「月足」もあります。

大きく分けて、日足では日単位の株価の細かな動きを調べることが可能なので、短期売買(数日~1か月程度)をする場合に向いています。一方、週足は週単位の株価を示すので、中期売買(数か月~2年程度)をする場合に向いています。また、月足は月単位の株価を示しますので、株価が長期的にどのような動きをしてきたかを調べるのに使います。

■日足
始値…1日の最初の価格
終値…1日の最後の価格
高値…1日の中の最高値
安値…1日の中の最安値

■週足
始値…その週の最初の価格(通常は月曜日)
終値…その週の最後の価格(通常は金曜日)
高値…その週の中の最高値
安値…その週の中の最安値

■月足
始値…その月の月初の価格
終値…その月の末日の価格
高値…その月の中の最高値
安値…その月の中の最安値

基本的なローソク足一覧

ローソク足の形は、大きく分けると9種類の基本形があります。

■小陽線、大陽線、小陰線、大陰線

「小陽線」、「大陽線」は、どちらも始値より終値が上がって終わったことを意味します。また、小陽線は小さな値上がりで、大陰線は大幅な値上がりを表します。「いくら上がったら大陽線である」といった決まりはないため、そのほかのローソク足と比較してだいたい感覚的に判断します。

「小陰線」、「大陰線」は、小陽線・大陽線の逆で、いずれも始値より終値が下がって終ったことを意味します。小陰線は小さな値下がり、大陰線は大幅な値下がりを表します。

この4つの中でも「小陽線」、「小陰線」は、株価チャートの中で頻繁に表れます。一方、「大陽線」や「大陰線」は株価が大きく変動したときに表れるものなので、それほど登場頻度は高くありません。

■上影陽線、上影陰線、下影陽線、下影陰線

「上影陽線」と「上影陰線」は、始値が高値まで大きく上昇したが、伸び悩んで株価が下がり始めて、始値近くまで下落してしまったことを意味します。株価が長期上昇した後で、このような形が出たら、そろそろ株価上昇に力がなくなってきたと考えられるので、一般的にはここで売りのタイミングが近いと判断します。

「下影陽線」と「下影陰線」は、上影陽線や上影陰線とは逆で、始値が安値まで大きく下落したものの、そこで相場が反発して始値の近くまで上昇したことを意味します。株価が長期下落した後でこの形が出れば、そろそろ株価が反転して上昇しそうと考えて、ここで買いのタイミングが近いと判断します。

■寄引同事線

「寄引同事線」は、始値と終値が同じになったことを意味します。株価の方向性がはっきりしないときに、この線が出ることがあります。しかし、始値と終値が同じになることはそう多くはないので、この線が出ることもあまりありません。

基本形のバリエーション一覧

前項までで解説したローソク足9種類は基本形ですが、これらのバリエーションとして、以下のようなローソク足もあります。

■陽の丸坊主

「陽の丸坊主」は大陽線の一種で、始値から株価がどんどん上昇して、高値で終わったことを意味します。企業業績が大幅に上方修正されたり、何らかの好材料が現れて、株価が急上昇するときに、この「陽の丸坊主」が出ることがあります。

■陰の丸坊主

「陰の丸坊主」は陽の丸坊主とは逆で、大陰線の一種です。始値から株価がどんどん下落して、安値で終わったことを意味します。企業の業績の悪化などの悪いニュースが出ると、翌日の株価が急下落して、この「陰の丸坊主」が出ることがあります。

■陽の寄付坊主、陰の大引坊主、トンカチ

「陽の寄付坊主」や「陰の大引坊主」は、始値から株価が上昇したものの、勢いが落ちて最終的には下げて終わったことを意味します。「陽の寄付坊主」は始値が安値になった形で、「陰の大引坊主」は始値を下回って終値が安値になった形を表します。

また、これらの形で、実体の部分が短いものは、「トンカチ」と呼ばれます。株価がかなり上昇した後にこれらの形が出た場合は、株価上昇が終わることもよくあります。ただ、必ずしも株価上昇が終わるわけではなく、そこが一時的に天井になっただけで、その後もさらに株価が上がることもあります。

■陽の大引坊主、陰の寄付坊主、カラカサ

これら3つの形は、前で解説した「陽の寄付坊主」、「陰の大引坊主」、「トンカチ」とちょうど逆の形です。

始値から株価が大きく下がった後でこのような形が出た場合、下落が終わって株価が上げに戻る事がよくあります。ただ、「陽の寄付坊主」、「陰の大引坊主」、「トンカチ」と同様で、その後に株価が一時的に戻って、また下落してしまうこともあります。

窓と窓埋め

ローソク足のチャート解説等で、よく「窓」と「窓埋め」という用語が出てきます。この項ではこれらの意味について解説します。

■「窓」とは
ある銘柄について、かなりの好材料になるニュースが飛び込んできた場合、そのニュースに投資家が反応してその銘柄に買いが集まり、株価が急騰します。

また、そのような大きなニュースは、通常は市場が終わってから発表されるため、実際はニュースが発表された翌日の寄り付き(※1)時点で買いが集まり、発表された日の終値と比べて、株価が大きく上がることになります。

このような場合の2日間の前後のローソク足を描くと、株価が急騰したために、2本の間に隙間が出来ます。この隙間のことを、「窓」と呼び、このような状況を「窓を開けて大きく上昇した」というふうに表現します。また、逆に株価が急落して窓が出来ることもあります。

下の図がイメージです。

※1 寄り付き
株式市場が開いてから1番最初に付く株価のこと。日本では株式市場が開くのは朝9時です。

窓埋めとは?

前述したように、好材料が出たなどのニュースの影響で買いが集中し、株価が大きく急騰して、窓ができることがあり、その急騰がきっかけとなって株価がしばらく上がり続けることもあります。

ただ、そのような動きはあまり長続きせずに株価は下がり始め、窓が出来る前の株価水準に戻ってしまうこともあります。このような状況を、「窓を埋める」と呼びます、下の図がイメージです。

なぜ「窓が埋まる」のかというと、もともとその銘柄を高値で買っていて、その後の株価下落で含み損になっているような人にとっては、窓が出来るほど株価が急騰すれば、含み損が大幅に減少するか、もしくは利益に変わります。

そうなると、今のうちに買っておこうと考え、実際に売りに走る人も出てきます。そのため、株価の上昇が抑えられ、下落に転換して、窓が埋まることがあるのです。なお、この記事では「窓を埋める」は、株価急落後の窓埋めを例としていますが、株価急落後に反発して株価が上昇し、窓が埋まることもあります。

ちなみに、「窓はいずれ埋まる」とよく言われており、上記のとおり、株価が急変すると、その逆方向の売買をしようとする人が出易くなることから、窓が埋まりやすくなるのだと考えられます。

大きな材料がなくても窓はできることがある

一般的に、窓が出来るのは、その銘柄について何らかの大きな材料が出たときだということを前項まででお伝えしました。

新しい製品の発表や、企業業績の上方修正などがあると、株価が急上昇して窓ができやすくなりますし、逆に、不祥事や企業業績の下方修正などがあると、株価が急落して窓ができやすくなります。

しかし、銘柄について、何らかの材料が出ていなくても、市場全体の流れに押されて窓が現れることもあります。たとえば、特定の銘柄に人気が集中すると、それらの銘柄に相次いで窓ができる、といったことがあります。

また、金融不安などの市場全体を揺るがすような状況になると、多くの銘柄の株価が急落するため、窓ができやすくなります。

ローソク足の組み合わせで売買タイミングを見る

ここまで、ローソク足の基本形とそのバリエーションを解説しましたが、実際には1本のローソク足だけで売買タイミングを判断するのは難しいです。そこで、複数本のローソク足を組み合わせて、売買タイミングを判断することが必要となります。

ローソク足は、組み合わせの「パターン」から売買のタイミングを読むことができるので、このパターンをぜひ覚えてきましょう。

買いパターン

まず、買いを判断するパターンをいくつか紹介します。特に、株価が長期期間下がったあとに、下記のようなパターンが出てきたら、買いのタイミングが来たようだと判断します。


この記事の解説では「今日」「前日」という言葉を使っていますが、週足で見る場合は「今週」「先週」に読み替えてください。また、解説時の図のローソク足には上下のヒゲはありませんが、ひげがある場合でも同じように判断します(高値・安値は使わず、始値・終値を使う)。

■出会い線・切り込み線・はらみ線

これら3つは今日の終値が始値よりは高くなっていますが、前日の始値よりは低いというパターンです。

これは、買いタイミングに変わりつつあるが、まだ買い勢力がはっきりと強くなっていないことを意味します。この後でさらに陽線が出てくれば、より値上がりが期待できます。

■たすき線・振り分け線・つつみ線

今日の終値が昨日の始値よりも高くなっているパターンです。

出会い線などの最初の3つに比べて、買いの勢力がより強いことを表しています。特に、陽線が長いほど株価上昇の勢いが強く、買いタイミングの確実性が高いと考えることが出来ます。

■赤三兵

この形は、3日連続して株価が上昇したことを表すパターンです。

特に、株価が底打ちした後に、このような形が出れば、株価の方向が転換してきたと考えられます。しかし、株価がかなりあがった後でこの形が出た場合は、そこがピークになる可能性もありますので、注意が必要となります。

■三川明けの明星

この形は、大きく値下がりした次の日に小さな値動きになり、その次の日に大きく上昇するパターンです。

売り勢力が強かったが、このパターンが出たことで投資家たちは底打ちの間近であることを意識しはじめます。さらに、陽線が出現することで今後買い勢力が強くなることを表しており、買いのタイミングと判断します。

売りパターン

売りのパターンは、買いのパターンと逆の形になります。株価が長期間上がった後に下記のような形が出てきたら、売りのタイミングが来たと判断します。

■かぶせ線・はらみ線・出会い線

今日の終値が始値より安かったが、昨日の始値よりは高いというパターンです。

多少売られ気味でもありますが、その勢いはまだそれほど強くないことを表しています。

■つつみ線・たすき線・振り分け線

今日の終値が昨日の終値よりも安くなっているパターンです。

上の「かぶせ線」、「はらみ線」、「出会い線」の3つに比べると、より売りの勢いが強いことを表しています。

■三羽鳥

株価が3日続けて下落している形です。

株価の下落が本格化してきたことを表していて、売りタイミングだと考えられるパターンです。しかし、株価が長期間下落した後にこの形が出た場合は、そこが底になる可能性もありますので、注意が必要となります。

■三川宵の明星

大きく値上がりした次の日に小さな値動きになり、その翌日にさらに値下がりする形です。これは、株価がピークを売ったと考えられる形です。
「三川明けの明星」とは逆で買い勢力が強かったが、このパターンが出たことで投資家たちは天井の間近であることを意識しはじめます。このパターンは今後売り勢力が強くなることを表しており、売りのタイミングと判断します。

まとめ

株式投資では、ローソク足は基礎中の基礎となる知識です。ローソク足をしっかりと理解してチャートを見ることが出来る投資家となんとなくで見ている投資家とでは、投資の成績にも大きな差が出ます。

まずは、しっかりと基礎を身につけて、今後の投資で大きな利益を上げることの出来る投資家への第一歩を踏み出しましょう。

【無料】小次郎講師7step安定投資家への道

今までの投資やトレードの常識を全て捨ててください!


たった3日で、負けない投資家を目指し、
たった5日で、勝てる投資家を目指し、
たった7日で安定して勝ち続ける投資家になるための

実践的7ステップを無料オンライン講座で公開中

今すぐ無料オンライン講座を見る

\ 投資の学校プレミアムの購読はSNSが便利です。 /

コメントはこちらからどうそ

  1. ローソク足、 よーく解りました。
    今までは 単なる陽線、陰線と見ていただけなので良い勉強になりました。

  2. Thanks so much for the article.Much thanks again. Great. ggkfbggeadab

コメントを残す

*