FXトレード

矢口流のFXトレードを習得して安全に儲ける

個人投資家でもできる相場で利益をあげていく方法をプロディーラーである矢口新先生にお伺いしました。特に初心者の方はプロの相場の見方を知ることで、勝つ投資を行っていくことができるのです。

講師:矢口 新(やぐち あらた)先生

1954年生まれ。新宮高校卒業、早稲田大学中退、豪州メルボルン大学卒業。
金融業界の第一線で30年以上にわたり活躍し続け、プロディーラーにも師と仰がれる天才ディーラー。
世界の3大金融市場で活躍し、さらには為替、債券、株のすべてにかかわるという非常に稀有なキャリアを持つ。
相場を動かすプロの裏の裏まで知り尽くしており、プロディーラー、プロトレーダーにも師と仰がれるほど相場に精通しており、投資を真剣に学びたいという意欲ある方々との交流にも熱心で人望も厚くぷとアマを問わない根強いファン多数。

まず、日本ではFX トレードをされている方も含め、それ以外の投資をされている方も、多くの日本人投資家が損をしているのが現状です。ではどのようにしたら、一般投資家でも投資で利益を上げられるようになるのでしょうか。

投資は車の運転と同じ

トレーディングは自動車の運転に非常に似ています。

投資は車の運転の様に10 年、20 年と運転していれば、不慣れなドライバーも上手いドライバーになっていきます。また事故にあわず、目的地に目的の時間に到着することができるようにもなります。つまり、投資も同じく慣れれば、儲かるようになるのです。車の運転とトレードで利益を上げる方法は似ているのです。しっかり自分のスタンスで経験を積めば、負けている時期があったとしても将来的に投資を成功することができるのです。

この方法を身につければほとんどの方が車を運転できるように、投資もほとんどの人が儲けられるようになります。

負けない投資をしていくために必要なこと

投資をするうえではとにかく投資に合理性を持つことが重要です。

貿易で輸出や輸入をする際、円高、円安などが関連しているように、投資の世界も同じく、ときの流れ次第で局面が変わることがあるということをしっかり認識しておきましょう。投資の相場は100%はありません。時間帯によっても全然値動きが違う時もありますし、その都度判断する必要があります。しかし、その中である一定の流れがあり、それが一定の値動きとして相場に出てきます。これを熟知しておくことで、しっかり利益をとっていきます。

この一連の安全運転を心がけることで負けない投資を継続することができるようになるのです。それさえやっていれば、逆に言うと、他はあまり気にしなくてもいいのです。

練習を積み重ねることが利益へ直結する。

一般投資家の方で、1 ヶ月ぐらい仕事が忙しくてパソコンを見ない日もあるという方もいるかもしれません。しかし、これでは投資に勝つチャンスを見逃すことになります。10 年間実際にディーラーとして売買した経験から、ファンドマネージャーと密にコミュニケーションを図り、銀行の売買の動向などを知ることができるようになると投資のチャンスなどを見つけることができるのです。

また、経験を積むことで、誰がどういうタイミングでどういう動き等も把握することができるのです。

そのため

○値動きをつくる人たちがどのような人なのか

これをしっかり知識として身に着け、対処する必要があります。しかし私たちのような個人投資家はその情報を得ることは難しいので、矢口先生のような実際に体験して全部知っている人に聞くしかありません。聞いたうえで値動きを照らし合わせ、一つ一つの値動きに理由付けをすることができれば、利益をとりやすくなります。

逆にそれをできないうちは投資で利益を上げ続けることは非常に難しいと言えるでしょう。車の運転で例えると、遊園地のゴーカートのように何も知らずにアクセルを踏んでいるような状態です。確かに、儲けるというのはその状況さえあれば、ゴーカートでも走ることもできる様に、誰でも参加をすることはできます。しかし目的地に到着することを想定すると、イロハを知らない状態でそんなスピードを出して走ってて、いつまで事故を起こさずにいられるかというと疑問が残ります。

車の運転がうまい人は、あらゆる場面を基本的に経験済みでそれを頭の中に入れて運転しています。ですから、投資をするにも、なぜここで買いなのか、売りなのかこれらをしっかり理由付けしながら合理的なトレードを行ってほしいと思います。

そのためにはやはり、

○基本的な相場を理解する

例えば年金とか保険会社とかの動向を探ること、またFX だと、ディーラー、バンクディーラ ーと実際に値動きと照らし合わせてここで売買する事が重要なのです。

矢口流のFXトレード習得は的確に収益を上げる

月利50%超のトレーダーを育てた 矢口流の FX トレード習得は的確に収益を上げるコツを伝授します。 FX トレードで収益を上げるためにできることを要点を絞って、学ぶことができ、

月利50%超のトレーダーを輩出したFXトレードのノウハウ

☑9割の負け組トレーダーが知らない相場の2つの動き

5本と13本の移動平均線で収益を上げるプロのノウハウ

利益を最大化し、リスクを最小限に抑える短期トレードのコツ

☑初心者でも短期間で勝ち組になれるトレーニングのノウハウ

安定して利益を上げるための合理的な方程式

など、勝ち組投資家に必要な情報のみを学ぶことはできます。また、今なら矢口先生が書き下ろした個人投資家へのアドバイスをレポートにしてプレゼントしています。 私たち個人投資家がどのように相場へ取り組むのか、 また、投資においてプロと同じ土俵で勝負をするための要点から相場で効果的に収益を伸ばすためのコツについても矢口流のノウハウを学ぶことができます。

本記事を読んでもっと矢口先生から学びたい、という方はこちらからお申込みいただくと、無料オンライン講座で、交通費などを支払う必要もなくスクーリングも無いので、簡潔に、 投資業界最高峰の FX トレードの技術を身に付けることが可能です。

スキルを身に着けた後のアフターフォローもしていて、数ある証券会社の中から、 どこの証券会社で口座開設すれば良いか、など証券会社をご紹介しています。

独学では天井が見えてきた人、一度ちゃんとプロの先生の人に教わりたい人、この機会に矢口先生から投資の本質について学んでみませんか?

 

ところで
投資業界の世紀の大実験
知ってますか?

時は1980年代。
場所はアメリカ、ニューヨークの金融都市、
ウォールストリートジャーナル。

そこに2人の天才投資家がいました。

ひとりはリチャードデニス。
400ドルを数十億ドルにしたともいわれる、
1960年代後半から活躍した伝説のトレーダー。

もう一人はウイリアムエッグハート。
数学者でしたが、投資の才能もあり、
天才トレーダーとして名が知られていました。

そして、
この二人が口論となったのです。

口論のテーマは、
「勝ち組投資家は、教育で育てることができるのか」ー

リチャードデニスは「できる」と言い、
ウィリアムエッグハートは「できない」と言いました。

亀の養殖所の近くでなされたこの口論は、
のちにタートルズ・プロジェクトという名称で、
投資業界を揺るがす世紀の大実験となりました。

彼らは 新聞で求人広告を掲載し、
1億円の運用資金を与え、投資家育成の実験を行った、
と言われています。
 
その実験は4年半にわたり行われ、
年平均80%以上を稼ぐ投資家を例外なく育てた、
と言います。

しかし、その教育手法は長い守秘義務契約により、
世に明かされることはありませんでした。

時が経ち、長い守秘義務期間が終わり、
タートルズの手法は元タートルズ生により1000万円単位の
高額なプログラムとして公開されるようになりました。

その内容、興味はありませんか?
もしあなたが、少しでもこの内容に興味があるのであれば、

日本でタートルズ研究の第一人者と呼ばれる天才投資家が、
その全貌を無料で明かします。

次へ