投資するなら、どっち?投資信託の徹底比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
19042301

投資商品を選択する際に、式 投資と投資信託投資で迷う方が多いと思われます。今回は式と投資信託の違いは何なのか、また投資初心者向きの投資商品はどちらなのかを比較検討していきたいと思います。

式とは?

19042302

式とは?

式とは企業が資金調達をするために発行している有価証券のことです。投資家は投資したい企業の式を購入することで主(企業のオーナー)になることができます。

主にできること

  1. 主総会に出席し、決議に参加する権利を得ることができる
  2. 配当金や主優待を受け取る権利を得ることができる
  3. 会社が解散した場合、残った会社の資産を分配して受け取る権利を得ることができる

式で利益を出す方法

インカムゲイン

式を保有することで配当や主優待などのインカムゲインを得ることができます。インカムゲインを得るためには、配当や優待の権利月の権利日に券を保有していなければいけません。

キャピタルゲイン

式を安く買って高く売却した場合、式売買益が発生します。この式売買益が式投資のキャピタルゲインです。

投資信託とは?

19042303

投資信託とは?

投資信託はどのような金融商品であるのか、詳しく説明していきます。

運用資金は投資家から集める

投資信託で運用される資金は不特定多数の投資家から集めた資金です。

資金を投資・運用するのは金融の専門家(プロ)

資金の投資先を選び、実際に運用していくのは金融のプロです。金融のプロとは投資信託会社・信託銀行・保険会社などの金融機関に所属するファンドマネージャーのことです。このため投資信託では間接的に金融のプロに自分の資産の運用をしてもらうことができます。

投資の成果は持ち分に応じて分配される

投資信託では投資の成果を持ち分に応じて分配してもらえます。

投資信託で利益を出す方法

インカムゲイン

投資信託では分配金を受け取ることでインカムゲインを得ることができます。

キャピタルゲイン

投資信託を安く買って高く売却した場合、投資信託売買益が発生します。この投資信託売買益が投資信託投資のキャピタルゲインです。

式と投資信託の違い

19042304

ここでは式と投資信託の違いを解説していきたいと思います。

資産の運用者

式の場合、自分で投資する銘柄を選択し投資していかなければいけません。この点投資信託の場合は全て金融のプロにお任せできるので、投資初心者でも簡単に投資に参加することができます。

購入方法

式の場合は市場に「上場」しているため、証券会社を通じて簡単に購入したい企業の券を買うことができます。この点投資信託は「非上場」 のファンドも多いため、ファンド(投資信託)ごとに異なった販売会社や銀行、証券会社などで購入していくことになります。

取得単価

上場している式は取引所の取引時間内に「時価」で券を購入します。この点投資信託の場合、1日1回算出される「基準価格」で購入することになるため、投資信託を購入した時点では取得単価がわからないといった問題が生じます。

コスト

式の場合購入・売却した際に証券会社指定の手数料を支払います。一般的に券を保有することでかかるコストはありません。

投資信託

投資信託を購入した時に販売手数料がかかります。この販売手数料は「ノーロード投資信託」の場合0円とお得に投資信託を購入することができます。また投資信託を保有することで「信託報酬」がかかります。また投資信託を解約するときに信託財産留保額や換金手数料がかかるファンドもあります。

初期費用

19042310
式の場合銘柄の価が取引所で決定されます。ですからA銘柄を購入する場合、市場価格が100万円であれば100万円初期費用が掛かることになります。この点投資信託は積立でも購入することができます。ネット証券などでは毎月100円から投資することができる投資信託も存在するため、初期費用は自分のお財布と相談して自由に始めることができます。

投資信託
資産の運用者 自分 金融のプロ
購入方法 証券会社を通じて購入 ファンドによって
購入先が異なる
購入可能時間帯 取引所の取引時間中
(証券会社によってはPTS取引で
24時間売買が可能)
申込期間中の9時~15時
取得価格 時価 1日1回算出される基準価額
取得時のコスト 売買委託手数料 販売手数料
保有時のコスト なし 信託報酬
解約時のコスト 売買委託手数料 信託財産留保額・換金手数料
初期費用 券の価格 月額100円から

投資初心者向きの投資商品は?

19042305
ここでは投資初心者にとって難しい投資先の判別方法をタイプ別にご紹介していきます。

コツコツと積立投資をしたい場合

コツコツと積立投資をする場合は投資信託がおすすめです。投資信託の場合、毎月100円から投資信託投資を始めることができます。

また積立NISAを活用して投資した場合、分配金や投資信託売買益といった投資信託から得ることができる利益は全て非課税になるので(通常20.315%)、是非とも活用したい制度といえます。

主優待など楽しみながら投資したい場合

式を購入すると、配当金や主優待を得ることもできます(銘柄によって異なります)。特に主優待目当ての式投資が投資初心者に人気です。具体的な主優待投資をみながら説明していきたいと思います。

券を購入すると、投資かは企業のオーナーになることができます。そのため配当だけではなく企業側から主優待といった形で様々なサービスの提供を受けることができます。

具体的には飲食店に投資した場合、飲食代の割引券や無料試食券などをもらえることがあります。

19042306
参考:力の源ホールディングス HP

上記は博多ラーメンを全国展開している力の源ホールディングス(3561)です。力の源ホールディングスは東証一部に上場しているため、企業の券を購入することができます。

≪力の源ホールディングス 式スペック≫

企業名 力の源ホールディングス
コード番号 3561
最低購入代金* 77,000円
年間配当 800円
PBR 4.14倍
PER 26.98倍
権利確定月 3月末日・9月末日
主優待 あり

*平成31年4月11日現在

100以上保有の全 100以上保有の継続保有
100以上1,000未満 10%割引カード 左記内容に加えて
主様ご優待券1枚を追加贈呈
1,000以上3,000未満 15%割引カード
主様ご優待券*3枚
3,000以上 20%割引カード
主様ご優待券5枚3561

*対象商品の中から1品を1回無料で飲食することが可能。なお同伴者様がいる場合は、1枚につき2品を無料で飲食することができます。さらに、毎月「1」の付く日は、飲食料金から20%相当額の割引率になります。

こちらの力の源ホールディングスに最低単元を投資した場合のリターンを考えていきましょう。

  • 投資金額 77,000円
  • 受取配当金額 800円
  • 優待リターン 23,040円

(例)毎月1のつくキャンペーンの日に家族4人でラーメン(800円)を食べる場合
800円×4人×3日×12か月×20%=23,040円

1年でなんと23,840円ものリターンを得ることができます。また2年目からは無料飲食券が年2回もらえます。

800円×2杯×2回=3,200円

よって2年目からは27,040円のリターンを得ることができます。

このようにお得な主優待を活用することで楽しく式投資を行うことができます。

リターン重視で投資する場合

一般的に投資のリターンはリスクの高さに比例します。ですからリターンを求める場合は1年で10倍にも値上がりする銘柄もある式投資がおすすめです。

とにかく楽な投資方法がよい場合

一般的に金融のプロに資産を運用してもらえる投資信託のほうが投資初心者向けといえます。しかし現在購入することができる投資信託は5,000ほど存在しているため、式の銘柄選択以上に投資するファンドを選択するのは困難な作業です。

そこでオススメなのは積立NISA対象商品に投資することです。現在159の投資信託が積立NISA対象商品に認定されています。積立NISAの対象商品に認定されるということは国のお墨付きファンドということですから、優良なファンドに投資することができることもオススメ理由の一つです。

投資する前に注意すべきポイント

19042307

資金管理に注意を払いましょう

投資する場合、自分で投資資金の管理をする必要があります。自分のライフスタイルに即した資金管理をしっかりと行いましょう。くれぐれも「投資しすぎて生活費が足りない…」などといったことにならないように気を付けましょう。

投資リスクに注意しましょう

投資の場合元本が保証されている商品は存在しません。式なら企業の倒産で券が1円になってしまうこともあります。また投資信託でも運用実績がマイナスのファンドも数多く存在しているとこを念頭に入れて投資を行っていきましょう 。

内容を吟味しましょう

投資初心者が金融機関の営業担当者の言うことをうのみにして投資信託を購入し、大損するケースもよくあります。ですから購入する場合は内容を吟味するか、投資信託に詳しい人に一緒に見てもらうことをおすすめします。それが難しい場合、投資信託ではなく自分で内容を確認しやすい式投資を行った方が無難です。

今回は式と投資信託の違いは何なのか、また投資初心者向きの投資商品はどちらなのかを比較検討してきました。投資商品は「どちらがよい」といった物差しで測るのではなく、自分のライフスタイルに合っているのかを判断基準として選択することで自分に合う投資商品を選択することができます。

プロの銘柄の選び方を無料で見ませんか?

プロも使う株の銘柄選びの授業。

期間限定無料公開!


TV/雑誌でおなじみの戸松先生が
稼げる銘柄の見つけ方を包み隠さず教えます。


手堅く上昇しているオイシイ銘柄を探したい方必見です!


無料で銘柄の探し方を見る

\ 投資の学校プレミアムの購読はSNSが便利です。 /

コメントはこちらからどうそ

コメントを残す

*

CAPTCHA


※規約(個人情報の取り扱い)に同意して