初心者が一番最初に押さえるべきテクニカル~移動平均線乖離率とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
19041901

移動平均線はそれだけでも投資の判断を下せるほど重要なテクニカルツールです。今回は投資で最も重要な移動平均線の使い方をご紹介していきたいと思います。また併せて移動平均線を使った投資方法(乖離率など)もお話しましょう。

移動平均線とは?

19041902
テクニカルの「基本」ツールである移動平均線(MA)とはどのようなものなのでしょうか?ここでは移動平均線を投資初心者でも簡単に理解できるように説明していきます。

「テクニカルは苦手…」といったテクニカル・アレルギーの方でも「こんな簡単だったんだ!」となること請け合いです。

移動平均線とは?

移動平均線とは決められた期間の平均値をグラフにしたものです。ここでは具体例を挙げながら説明したいと思います。

本日終値 100円
前日終値 95円
2日終値 90円
3日終値 95円
4日終値 70円

5日移動平均線の計算式
(100円+95円+90円+95円+70円)÷5(日)=90円

上記のように5日移動平均線の場合はここ5日間の株価の平均値を毎日つないでグラフ化したものであることがわかります。
ですから25日移動平均線であれば、25日間の株価の平均値をグラフ化したもの、75日移動平均線であれば、75日間の株価の平均値をグラフ化したものということになります。

移動平均線とチャートの基礎知識

移動平均線を理解するために「これだけは」押さえるべき基礎知識をご紹介していきます。

日足と移動平均線

19041903
日足で使われる移動平均線は上記のように5日・25日・75日移動平均線です。デイトレードなら5日平均線を活用してトレードすることになります。また短期スイングトレードならば25日線を基軸にトレードを構築していくことになります。

週足と移動平均線

19041904
週足で使われる移動平均線は上記のように13週・26週・52週移動平均線です。特に重要なのは13週移動平均線です。13週はおよそ3か月の株価の平均値です。ここで勘のよい方ならピンとくるのではないでしょうか?3か月=決算スパンです。決算を見ながらのファンダメンタル重視のトレーダーの売買状況を表しているのが13週移動平均線なのです。

ですから、ファンダメンタル重視の投資を行う場合13週移動平均線が必須のテクニカル指標ということになります。

月足と移動平均線

19041905

月足で使われる移動平均線は上記のように12月・60月・120月移動平均線です。月足の場合最短スパンが12月=1年ですので移動平均線がいったん崩れた場合、年単位でのトレンドが決まってしまうといった傾向があります。

ですから移動平均線を下回ったら利確、移動平均線を上回ったら買いとトレンドに逆らうことなくトレードすることでフェイクの少ないトレードをすることが可能です。

移動平均線からわかる3つのこと

ここでは移動平均線を見ればわかる 3つのポイントをご説明します。

移動平均線の向き=トレンド

移動平均線の向きからトレンドがわかります。

19041906
上記のチャートの緑の線は5日移動平均線です。5日移動平均線の向きと株価が連動していることがお分かりいただけると思います。移動平均線が上向き=株価上昇(オレンジ色の矢印)、移動平均線の向きが下向き=株価下落(水色の矢印)です。

このように移動平均線の向きから株価のトレンドを知ることができます。

移動平均線の角度=株価の勢い

19041907
上記のチャートをご覧ください。ピンク色の矢印の移動平均線の角度は「横」つまり角度がない状態です。こういった移動平均線の時の株価推移も「横」に推移していることがお分かりいただけると思います。

次にオレンジ色の矢印の移動平均線の角度は上昇傾向にあることがわかります。こういった時の株価推移も上昇傾向になることがわかります。

さらに赤色の矢印の移動平均線の角度はかなり急勾配になっていることがわかります。急勾配=株価高騰していますよね?
このように移動平均線の角度は株価の勢いを表しているのがわ かります。

移動平均線と株価位置

19041908
移動平均線と株価の位置をご覧ください。赤色の矢印のところでは5日移動平均線の上で株価が推移しています。移動平均線より上に株価が存在する=5日以内の購入者は含み益ということになります。よって含み益の株を売却する相場参加者は少数派ですので売り圧力が低くなり、株価があがりやすい傾向があります。

逆に水色の矢印のように株価が5日移動平均線を下回った場合、多くの相場参加者が含み損を抱えた状況になるため、売り圧力(損切)が高くなり株価が下落しやすくなります。このように移動平均線と株価の位置で相場参加者の売買状況が予測しやすくなります。

見てきたように移動平均線だけでも、相場状況を知ることが可能です。ですからしっかりと移動平均線の基本を押さえることが、相場で勝利するための近道といえます。

移動平均線乖離率を利用した投資方法

19041909

移動平均線を利用したトレード方法に「乖離率」を活用する方法があります。ここでは乖離率を活用したトレード方法をご紹介していきます。

乖離率とは?

乖離率とはどの程度移動平均線から離れているのかを数値化したものです。移動平均線から離れている=株価が異常に推移していることを表しています。

乖離率を活用したトレード方法

乖離率を活用したトレード方法は「逆張り」と呼ばれるトレード方法です。相場のイレギュラー(高乖離率)が発生している銘柄を逆張りし、短期的に大きな利ザヤを狙うことが可能です。

高乖離銘柄の探し方

高乖離銘柄の探し方はスクリーニングを利用すると簡単に行うことができます。以下、ヤフーファイナンスでの高乖離銘柄の検索方法をご紹介していきます。

ヤフーファイナンス*にアクセス

ヤフーファイナンスのトップページにアクセスします。

*参考 ヤフーファイナンス

株式ランキングにアクセスする

19041910
トップページの真ん中にある株式ランキングの「もっと見る」をクリックします。

テクニカル関連ランキングをチェックする

19041911

ページの左下に「テクニカル関連ランキング」があります。ここに高乖離ランキングも表示されています。ヤフーファイナンスの場合、ランキングで高乖離銘柄が一覧表示されるため、投資初心者でも簡単に検索することができるので便利です。

買い銘柄の場合は25日移動平均線乖離率ランキング(マイナス)で検索する

19041912

25日移動平均線乖離率(マイナス)をクリックすると一発でランキングが表示されます。

19041913

上記はランキング1位の地域新聞社(2164)です。25日移動平均線と大きく乖離していることがわかります。こういった銘柄は短期のリバウンドが発生しやすい状況にあるので逆張りで買いを狙っていくのが乖離率を利用した売買方法になります。

利確値は、一般的に25日移動平均線(多くの相場参加者が意識するポイント)付近です。上記の地域新聞社(2164)のケースではおよそ1,000円-2,000円と短期で「倍」が狙えるケースであることがお分かりいただけると思います。

売り銘柄の場合は25日移動平均線乖離率ランキング(プラス)で検索する

19041914
25日移動平均線乖離率(プラス)をクリックすると一発でランキングが表示されます。上記はランキング1位(乖離率 +78.65)のキャンバス(4575)の日足チャートです。大きく25日移動平均線と乖離していることがわかります。

こういった銘柄に空売りを逆張りで入れていくのが一般的なトレード方法ですが、投資初心者の場合信用取引を簡単に行うと「即退場」することになりかねません。ですから利確のめどに利用するにとどめましょう。

乖離率を利用したトレードの注意点

短期で大きな利ザヤを狙える高乖離率を利用したトレードは魅力的なトレード方法ですが、ハイリターンにはハイリスクがつきものです。必ず注意点を守ってトレードするように心がけましょう。

逆張りは泥沼化するケースもある

逆張りは底なし沼化=底値がなく株価が下がり続けるケースも発生します。

19041915
上記はブランジスタ(6176)の月足チャートです。たった3か月で株価が1/10になっていることがわかります。このように移動平均線から高乖離を起こしてもリバウンドが入らない銘柄も存在するので、逆張りを行う場合は必ず逆指値を設定するようにしましょう。

短期戦だけに参加する

逆張りの場合、短期戦以外での相場参加は資金が長期で拘束されるリスクも発生します。ですから、短期的にリバウンドが起こらない場合は即撤退するように心がけましょう。

倒産リスクに気を付けよう

無意味に高乖離している銘柄はファンダメンタル的に欠陥を抱えているケースもあります。よくあるケースは倒産する銘柄です。ですから、高乖離銘柄に逆張りする場合は必ずファンダメンタル的に大丈夫な銘柄であるのかをチェックしましょう。

今回はテクニカルの基本ツールである移動平均線移動平均線を活用した高乖離率トレードをご紹介してきました。短期で大きな利益を得ることができる高乖離率銘柄の逆張りは人気の高いトレード方法です。しかしハイリスクハイリターンが投資の基本であるため、リスクも高い点に注意が必要です。しっかりと注意点を守ったうえで参戦することを心がけましょう。

移動平均線の使い方、間違ってませんか


詳細はこちら

\ 投資の学校プレミアムの購読はSNSが便利です。 /

コメントはこちらからどうそ

コメントを残す

*

CAPTCHA


※規約(個人情報の取り扱い)に同意して